大岩監督、2得点の土居聖真を称賛「彼の持っているものが出たゲーム」

大岩監督、2得点の土居聖真を称賛「彼の持っているものが出たゲーム」

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが25日に行われ、鹿島アントラーズは敵地でサンフレッチェ広島に2−3で敗戦。だが2試合合計3−3のアウェイゴール差でベスト8進出を決めた。


 王者が激闘を制した。鹿島は33分にMF土居聖真の得点で先制し、2戦合計で2点リードを得たが、広島に押し込まれる展開が続き、66分と72分に失点。74分に相手GKの一発退場で数的優位に立つと、89分に土居の追加点で猛追する相手を突き放す。後半アディショナルタイムにPKで失点したものの、アウェイゴール2点を挙げた鹿島が、連覇へまた一歩前進した。


 大岩剛監督は試合後の会見で、「次のラウンドに進めることが、一番評価できるところ」と話し、「今日の試合の改善すべきところを洗い出して、次のJリーグの広島戦、(ACLの)ラウンド8に向けて切り替えていきたい」と前を向いた。


 相手の猛攻を受けて2戦合計2−2とされたときには、チームに「落ち着くこと」を指示したという。「試合の流れを見て、相手の出方を見て、しっかり落ち着くということ。あとはポジションの修正もしました。相手の人数とか、そういう駆け引きのところで、すこしネガティブな反応をしてしまったと反省しています」


 2ゴールを挙げた土居については、「得点もそうですけど、前線からのチェイス、ボールを引き出すポジショニング、味方をヘルプするボールの引き出し方、そういう彼の持っているものが出たゲームだったと思う」と評価した。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索