ミルナー、リヴァプールでの将来に不安? 契約延長交渉は停滞

ミルナー、リヴァプールでの将来に不安? 契約延長交渉は停滞

 リヴァプールに所属する元イングランド代表MFジェイムズ・ミルナーが、同クラブでの将来に不安を抱えているようだ。21日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。


 リヴァプールの副キャプテンを務めるミルナーの現行契約は2020年6月30日までとなっており、来夏にはフリーでの移籍が可能となっている。しかし、新契約の話し合いは全く進んでいないという。


 新契約交渉についてミルナーは「昨年話をして、クラブに何か考えているのかと聞いたけど、何も考えていないと言われた。それ以来何も聞いていないのが現状だ」と説明し、クラブからの連絡がないことを明かした。


 現在33歳のミルナーはリーズ、ニューカッスル、アストン・ヴィラ、マンチェスター・Cなどでプレーした後、2015年にリヴァプールに加入。ここまで公式戦177試合に出場している。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索