レアル、レヴァンドフスキ獲得を目指していた…ペレス会長が明かす

レアル、レヴァンドフスキ獲得を目指していた…ペレス会長が明かす

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキについて語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が13日に伝えている。


 絶対的なセンターフォワードとしてフランス人FWカリム・ベンゼマを擁するレアル・マドリードは今夏、フランクフルトからセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチを獲得。しかし、ペレス会長はレヴァンドフスキにも関心を示していたようだ。


 ペレス会長は「レヴァンドフスキについて、数年にわたってトライした。しかし、獲得に至ることはなかった。彼の契約には例外条項が付随していなかった。そして、バイエルンにも売却の意思はなかった」と明かした。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索