エリクセン、新契約締結は1月までお預け? レアル移籍の可能性を待望

エリクセン、新契約締結は1月までお預け? レアル移籍の可能性を待望

 トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは今冬の移籍市場でレアル・マドリード加入を希望しているようだ。15日にスペイン紙『マルカ』が報じた。


 エリクセンは今夏の移籍市場でスペイン入りが濃厚であると報じられていたが、最終的には交渉が破断して残留が決定。同選手は念願のレアル・マドリード移籍の道が途絶え、落胆しているようだ。


 今シーズン限りで契約が満了するエリクセンはトッテナムと新契約締結に向けて交渉を再開するという。しかし、同紙によるとエリクセンは1月にレアル・マドリードから再びオファーがあることを願っていると伝えられている。


 そのため同選手は冬季移籍市場まで契約延長の交渉は行わないとのことだ。レアル・マドリード移籍を待望している同選手は、念願のスペイン入りを果たすことができるのであろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索