主将ジャカ、最下位ワトフォードとの引き分けに苦言「怖がっていた」

主将ジャカ、最下位ワトフォードとの引き分けに苦言「怖がっていた」

 アーセナルのキャプテンを務めるスイス代表MFグラニト・ジャカは15日に行われたプレミアリーグ第5節のワトフォード戦についてコメントを残した。16日にイギリスメディア『BBC』が報じている。


 アーセナルは前半にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが2ゴールをマークし、勝ち点3を持ち帰ることが決定的に見えた。しかし、後半に入るとワトフォードの総攻撃に耐えきれず、最終的には2−2の引き分けに終わってしまった。


 今シーズン、開幕から未だ勝利を挙げておらず最下位に沈んでいるワトフォードを相手に2点のリードを奪われ、引き分けに終わったことをファンは猛批判。31本のシュートを打たれたアーセナルは、早急な守備面の改善が必須となっている。


 ジャカは試合について次のように語った。


「試合中、誰もボールを欲しがっていなかった。勝ち点1でも持ち帰ることができて嬉しいよ。後半、アーセナルらしいサッカーができなかったのは、チーム全体が怖がっていたからだ」


「プレミアリーグでプレーしているクラブであればもちろんそれなりの得点力はある。しかし、僕たちは今日落ち着きがなかったし、自分たちのサッカーをすることができなかった」


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索