インテル、ドローで終わったS・プラハ戦後にルカクとブロゾヴィッチが衝突

インテル、ドローで終わったS・プラハ戦後にルカクとブロゾヴィッチが衝突

 1−1のドローで終わったチャンピオンズリーググループステージ第1節スラヴィア・プラハ戦後、インテルではチームメイト同士の口論が起こっていたようだ。スペイン紙『マルカ』など複数メディアが伝えている。


 報道によると口論となったのはベルギー代表FWロメル・ルカクとクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチの2人。試合後にルカクがブロゾヴィッチへアントニオ・コンテ監督の戦術を守るように求めたことが発端となり口論となった。その後両者の口論はヒートアップし、チームメイトが介入する事態となっていたようだ。


 セリエAで3連勝と好スタートを切りながら、CLでは格下と見られたスラヴィア・プラハを相手に苦戦を強いられたインテル。今回の口論をプラスに変えることはできるのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索