「パフォーマンスは素晴らしかった」トッテナム指揮官、レスターに黒星も自軍に賛辞

「パフォーマンスは素晴らしかった」トッテナム指揮官、レスターに黒星も自軍に賛辞

 21日に行われたプレミアリーグ第6節でレスターに対し黒星を喫したトッテナムだが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は自軍に賛辞を送っている。21日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。


 同試合では前半にイングランド代表FWハリー・ケインが先制点を決めたものの、後半に2ゴールを挙げたレスターが逆転勝利。トッテナムにとっては、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエのゴールがVARの判定により取り消されるシーンもあった。しかしポチェッティーノ監督は、あくまで前向きな姿勢を示している。


「私たちのパフォーマンスは素晴らしかったと思っているよ。チャンスを作れていたし、ピッチでのほとんどの時間を支配していたからね。ただ、終盤に集中力が切れてしまったのかもしれない」


「ゴールが1つ取り消されてしまったけど、ゲームのルールに問題はないね。私はあくまでも、2つの失点に落胆しただけだ。システムを受け入れ、レフェリーを信頼しているよ。何も文句を言うつもりはないね」


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索