バルサFWスアレス、グラナダ戦の敗戦を受けコメント「試練の時を迎えている」

バルサFWスアレス、グラナダ戦の敗戦を受けコメント「試練の時を迎えている」

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、チームの現状について言及した。21日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。


 21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節で、バルセロナはグラナダを相手に0ー2で敗れた。同試合でフル出場したスアレスは試合後の取材に応じ、以下のようにコメントしている。


「痛い敗戦だ。僕たちには改善しなければならないことが多くあるから、しっかり反省しなければならないよ。僕たちはボールを保持していたけど、得点することができなかったんだ。何が起こっていたのか、これからしっかり分析する必要があるね」


「また、アウェイでのパフォーマンスを見直す必要もある。ホームと比べると明らかにチャンスが減っているんだ。シーズンはまだ長いけど、タイトルを獲るためにはひとつひとつの積み重ねが重要だから、もっとしっかりプレーしなければならない。今シーズンは試練の時を迎えていると思うよ」


 これでバルセロナは、5試合を終えて2勝1分2敗という成績になった。昨シーズンの王者は、これから巻き返しを見せることができるのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索