スペイン主将S・ラモス、東京五輪出場へ意欲「“ノー”と言うことはできない」

スペイン主将S・ラモス、東京五輪出場へ意欲「“ノー”と言うことはできない」

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、来年に迫った東京オリンピックへの出場に意欲を示した。12日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。


 12日に行われたEURO2020予選ノルウェー戦に出場し、スペイン代表として歴代最多キャップを更新したS・ラモス。試合後、現在33歳の同選手は来年に迫った東京オリンピックへオーバーエイジ枠で出場することに意欲を示した。以下のように語っている。


「個人的な記録はあまり重要でないと感じている。でも、誇りに思えることは間違いないね。これからもスペイン代表としてもっともっとプレーしたいと思っているよ」


「オリンピックについて話すのは、もう少し先になってからにすべきだと思っている。でも、もし自分に召集の話が来たら、“ノー”と言うことはできないだろうね。今シーズンも多くの試合が残っているけど、オリンピックへの出場が素晴らしい話であることは間違いないよ」


 ノルウェー戦で168キャップを数えたS・ラモス。スペイン代表として、さらなる歴史を築くことができるのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る