チェルシー、MFマリノフスキーの動向を注視…獲得は処分消化後の来夏に

チェルシー、MFマリノフスキーの動向を注視…獲得は処分消化後の来夏に

 チェルシーはアタランタに所属するウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーの獲得に関心を示している。21日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。


 マリノフスキーは今夏の移籍市場でKRCヘンクからアタランタへと加入。移籍後、すぐにイタリアでのプレーに適応し各メディアやファンから高評価されている。


 チェルシーは選手獲得禁止処分が来夏の移籍市場から解禁となるため、それまでの期間はマリノフスキーの動向を注視するようだ。クラブを率いるフランク・ランパード監督は同選手の攻撃センスを高く評価しているという。


 チェルシーは今シーズン、5勝5分け2敗で暫定も4位についており、一時期はスロースタートとも言われていたが現在は好調なパフォーマンスを見せている。選手の獲得も可能となる来シーズンからは、ランパード監督の新体制がいよいよ本格的に始動するに違いない。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る