守備が課題のアーセナル、1月に21歳のユーヴェDF獲得? 今季出場は1試合のみ

守備が課題のアーセナル、1月に21歳のユーヴェDF獲得? 今季出場は1試合のみ

 アーセナルが、ユヴェントスに所属するトルコ代表DFメリフ・デミラルに関心を示しているようだ。13日、イギリス紙『デイリーメール』がイタリアメディア『カルチョメルカート』を引用して報じた。


 現在21歳のデミラルは、今夏に移籍金1600万ポンド(約22億円)でサッスオーロからユヴェントスへと移籍。しかし、加入後の公式戦出場はセリエA第4節ヴェローナ戦の1試合のみに留まっており、早くも1月の移籍市場での退団が噂されている。


 デミラルはEURO2020本選出場を決めたトルコ代表では主力として活躍しており、その獲得にはアーセナルやアトレティコ・マドリードが関心を示している。ユヴェントスは1月に同選手を売却する場合、獲得時の倍額に当たる3400万ポンド(約48億円)を移籍金として要求するようだ。


 アーセナルは今季も守備に課題を抱えており、プレミアリーグでは第12節終了時点で17失点。センターバックのコンビを組むギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスとブラジル代表DFダヴィド・ルイスへの批判も集まっている。そのため、ウナイ・エメリ監督は新たなセンターバックの獲得を検討している模様で、将来有望なデミラルに白羽の矢を立てたようだ。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る