ブルー・オリジン「BE-4」、次期ロケット「ヴァルカン」に採用決定

米ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)は2018年9月27日(現地時間)、次期大型ロケット「ヴァルカン」のメインエンジンに米ブルー・オリジンの「BE-4」を採用すると発表しました。

BE-4は液体酸素(LOX)と液体メタン(LNG)を利用するロケットエンジンで、再使用が可能だという特徴があります。そしてヴァルカンの第1段には2基のBE-4が搭載される予定です。

これまでヴァルカンのメインエンジンとしてはBE-4とともに、エアロジェット・ロケットダインの「AR1」も選択肢として残されていました。また、ロケット上段のエンジンとしてはエアロジェットの「RL10」が利用されます。

なお、ヴァルカンは2020年中旬の初打ち上げが予定されています。


Image Credit: ブルー・オリジン
(文/塚本直樹)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索