リュウグウに写る「MASCOT」と多言語で投稿されたポエム

リュウグウに写る「MASCOT」と多言語で投稿されたポエム

はやぶさ2に搭載された、DLR(ドイツ航空宇宙センター)とCNES(フランス国立宇宙研究センター)によって共同開発された小型着陸機「MASCOT」が降下時に撮影したリュウグウの画像がTwitterにて公開されました。画像の右上には小さく黒く写る「MASCOT」の影が確認できます。

また、公式Twitterアカウント「MASCOT Lander(@MASCOT2018)」では、「MASCOT」視点のポエムを日本語・フランス語・ドイツ語・英語で投稿しています。

"地球上のどことも違うその場所で、ぼくは目覚めた。まわりの全てが、驚きと未知と、危険な香りに満ちている。やった、リュウグウに着いたんだ!"(出典:Twitter)

なお、「MASCOT」は太陽電池ではなくリチウム一次電池で動作しているため、バッテリー残量がなくなった時点で運用終了となります。


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索