スペースX、初となる西海岸施設へのファルコン9着陸成功

スペースX、初となる西海岸施設へのファルコン9着陸成功

米スペースXは2018年10月7日(現地時間)、「ファルコン9」ロケットをカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げました。ロケットは衛星を予定していた軌道へと投入し、打ち上げは成功しています。

今回打ち上げられたのは、再使用ロケットとなるファルコン9。ロケット第1段は分離後、ヴァンデンバーグ空軍基地の地上施設へと着陸しました。このように西海岸の地上施設への着陸は、ファルコン9にとって初のケースとなります。

またペイロードとしては、アルゼンチンの地球観測衛星「SAOCOM-1A」を搭載。衛星は高度620kmからレーダー機器により土壌中の水分を観測し農作物の育成予測だけでなく、火事、洪水などの災害観測にも役立つ予定です。また、「SAOCOM-1B」も来年にファルコン9によって打ち上げられる予定です。


(文/塚本直樹)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索