「チャンドラX線観測衛星」無事復旧。ジャイロスコープの不具合データが原因

「チャンドラX線観測衛星」無事復旧。ジャイロスコープの不具合データが原因

NASAは、10月10日に発生したチャンドラX線観測衛星のセーフモードの原因を解明し、正常な状態に復旧させたことを発表しました。

セーフモードに至った原因は致命的な問題ではなく、チャンドラに搭載されているジャイロスコープに不具合が発生した結果、3秒間の異常データが発生。その誤った数値を検出したチャンドラのコンピュータが状態異常と判断し、セーフモードに切り替えたといいます。
すでに、不具合の生じたジャイロスコープは予備として置き換えられており、今週末にも運用が再開される見通しです。


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索