ハッブル宇宙望遠鏡、科学観測にまもなく復帰へ

2018年10月5日よりセーフモードに入っている「ハッブル宇宙望遠鏡」ですが、こちらが近い内に科学観測に復帰する見通しだと判明しました。

ハッブルは搭載している6つのジャイロスコープのうち、1つが故障。またその他のジャイロスコープも思ったようなパフォーマンスを発揮していません。

しかし10月22日の発表で、NASAはこのジャイロスコープの正常動作に成功。今後いくつかのテストを実施した後、通常の科学観測に復帰する予定です。

ハッブルのジャイロスコープは2009年に宇宙飛行士の船外活動により設置されました。そのうち3つは通常の、そして3つは強化ジャイロスコープとなっており、またハイとローの2つの動作モードが利用可能です。


Image Credit: NASA
(文/塚本直樹)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索