日本郵便、福島県の一部でドローン配送を開始。約9km間の目視外補助者なし飛行

国土交通省は、日本郵便のドローン配送に向けた福島県南相馬〜浪江町の飛行申請を2018年10月26日付けで認証したことを発表しました。期間は10月29日から1年間。

これにより日本郵便は、福島県南相馬市 小高郵便局 〜 双葉郡浪江町 浪江郵便局 (約9km)の目視外補助者なし飛行によるドローン配送が可能となります。実際の配送に関しては、今後本番環境にて最終的な飛行試験が行われ、その結果を踏まえて実施される予定。また、輸送用ドローンは「自律制御システム研究所製 ACSL-PF1」が利用されます。

なお、ドローンによる荷持配送の検証地域、内容などは国土交通省の発表した「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査 検証実験地域
」を参照してください。


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索