2020年が始まって早々、三大流星群の1つである「しぶんぎ座流星群」が極大をむかえます。

今年のしぶんぎ座流星群は、1月4日17時頃がピークとの予測ですが、観測に適した時間帯は、日付が変わって5日の夜明けまで。つまり4日の深夜から5日の夜明けまでの2〜3時間程度となります。また、その時間帯は月明かりの影響をあまり受けない”まずまず”の条件で、暗い夜空で観測する場合は1時間に20個ほど見られる可能性があります。

Credit: 国立天文台

また、4日17時発表の気象庁の天気予報によると、北海道・日本海側・東北地方を除いて概ね晴れ模様。多くの地域で見られるかもしれません。

この時期の深夜から早朝は大変冷え込みますので、必要以上に着込み暖を取れるように備えてください。また、年末年始は事故やトラブルが多く発生しますので、迷惑行為やトラブルの引き金になるような行為は避けましょう。

2020年は6日から仕事はじめとなる方も多いはず。まだ1日余裕があるので4日深夜は遅くまで夜ふかしして、流れ星に願いを掛けたりしませんか?

 

Source: 国立天文台