1番人気が大不振

5月16日(土)に東京競馬場で行われるのは京王杯スプリングカップ(GⅡ)である。昨年はタワーオブロンドンがここでの勝利を皮切りにスプリントチャンピオンまでの階段を上って行った。

今年も連覇を目指して同馬は参戦する予定だが、虎視眈々と勝利を狙う馬もいるだけに注目が集まる。今回は当日まで覚えておきたい過去10年のデータを紹介する。

まずは「人気別成績」。

人気別成績ⒸSPAIA

1番人気の成績が【2.0.0.8】とかなり悪い。前走大敗でもタワーオブロンドンが1番人気か?このデータは不安。逆に成績がいいのが2番人気。過去10年の成績は【1.2.4.3】で複勝率70%もある。

また、5番人気以下からも14頭が馬券圏内に来ている。伏兵で狙いたい馬がいる場合は積極的にいってもいいかもしれない。

続いて「前走クラス別成績」。

前走クラス別成績/前走GⅢ組成績ⒸSPAIA

前走重賞を走った馬が優勢だが、注目はGⅢ組。勝率はGⅠ組に劣るものの、連対率21.3%、複勝率27.7%でトップだ。

詳しく見るとより興味深いデータがあった。前走東京新聞杯組の成績は【2.3.1.0】と複勝率パーフェクト。今年は該当馬がいないが、来年以降に覚えておきたいデータだ。

タワーオブロンドンにとって嫌なデータが……

次は「前走距離別成績」。

前走距離別成績ⒸSPAIA

距離短縮組が優秀で【6.7.5.59】。続いて同距離組が【1.2.2.21】と続く。

問題は距離延長組。【3.1.3.52】で複勝率11.9%。この中で京王杯SCで1番人気に推された馬は【0.0.0.7】と全滅。タワーオブロンドンが1番人気に推された時はかなり不安だ。

ちなみに距離延長で2番人気に推された馬の成績は【1.0.2.1】。ここでもなぜか2番人気は成績がいい。

最後に「枠別成績」。

枠別成績ⒸSPAIA

このレースは不思議なことに外枠の成績がいい。7枠、5枠の順で成績がよく、単勝回収率はどちらも200%超え。外枠だからと言って嫌われる実力馬がいれば注目だ。

2020年京王杯スプリングカップデータインフォグラフィック