常総学院vs霞ヶ浦【茨城県】

高校野球で甲子園に出場するためには、地方大会でどうしても勝たなければいけない相手がいる。同一都道府県でしのぎを削ってきた宿命のライバルを紹介していく。

茨城と言えば、真っ先に思い浮かぶのは名将・木内幸男監督だ。取手二を率いて全国制覇したのが1984年夏。常総学院に移ってからも、1987年夏に準優勝(優勝はPL学園)、1994年春に準優勝(優勝は智弁和歌山)、2001年春に優勝(準優勝は仙台育英)、2003年夏に優勝(準優勝は東北)など輝かしい実績を残した。

しかも桑田真澄、清原和博のいたPL学園や、ダルビッシュ有のいた東北という大会最有力校を見事に破っての優勝は、「木内マジック」と呼ばれた采配、選手の操縦術の賜物だった。甲子園通算40勝は歴代7位の記録となっている。

木内監督が2011年に勇退した後も、2013年夏と2016年夏にベスト8進出するなど、強豪として「木内イズム」は受け継がれている。

常総学院など強豪の壁に何度もはね返されてきたのが霞ヶ浦だ。2008年、2010年、2011年、2013年、2014年と7年間で5度も夏の県大会で準優勝。甲子園まであと一歩と迫りながら果たせなかった。

しかし、2015年夏にようやく初出場すると、2019年夏に2度目の出場。初戦で優勝した履正社(大阪)に敗れたが、今後に期待を抱かせた。甲子園初勝利は遠くなさそうだ。

茨城県のライバル校比較

石見智翠館vs開星【島根県】

島根はかつて大社や浜田など公立勢が強かったが、近年は私立勢が圧倒している。江の川から校名変更した石見智翠館は夏の甲子園に10回出場。谷繁元信(元中日監督)のいた1988年はベスト8、2003年はベスト4に進出し、準決勝でダルビッシュ有のいた東北(宮城)に敗れた。

開星は春3回、夏10回出場。2010年センバツでは初戦で21世紀枠の向陽(和歌山)に敗れ、野々村直通監督が「末代までの恥」と発言して物議を醸した。野々村監督は一度、退任したが、2020年3月から復帰している。DeNA・梶谷隆幸や阪神・糸原健斗は同校OB。

島根県のライバル校比較

高松商vs尽誠学園【香川県】

香川県の高校野球を代表するのが高松商だ。春は1924年の第1回大会決勝で早稲田実を下して優勝するなど2度の優勝。夏も1925年と1927年に2度、優勝している。甲子園から遠ざかった時期もあったが、20年ぶりに出場した2016年センバツで準優勝。2019年は春夏連続出場し、古豪復活を印象付けた。

尽誠学園は1989年夏、1992年夏にベスト4、2001年春、2002年は春夏連続でベスト8進出している。2019年秋の四国大会で準優勝し、今春センバツに18年ぶり出場が決まっていた。伊良部秀輝(元ヤンキースなど)、佐伯貴弘(元横浜など)、宮地克彦(元西武など)、谷佳知(元オリックスなど)、田中浩康(元ヤクルトなど)ら多くのプロ野球選手を輩出している。

香川県のライバル校比較

海星vs創成館【長崎県】

長崎の高校球界を引っ張ってきたのが海星だ。1959年夏に甲子園初出場して以来、春5回、夏18回の出場を誇る。1976年夏にベスト4進出し、準決勝でPL学園(大阪)に敗れた。

甲子園出場回数では長崎日大や佐世保実が多く、長崎県勢唯一の全国制覇を果たした清峰も強いが、近年、力をつけているのが創成館。2018年には春夏連続出場を果たし、優勝候補の一角に挙げられていた。当時のエース・川原陸は同年ドラフト5位で阪神に入団している。

長崎県のライバル校比較

《関連記事》
・高校野球の県内ライバル校伝説【大阪・青森・群馬・鹿児島】
・高校野球の県内ライバル校伝説【西東京・岩手・富山・高知】
・高校野球の県内ライバル校伝説【神奈川・福井・奈良・沖縄】
・高校野球の県内ライバル校伝説【宮城・愛知・兵庫・鳥取】
・高校野球の県内ライバル校伝説【東東京・静岡・岐阜・広島】
・高校野球の県内ライバル校伝説【新潟・山梨・愛媛・大分】
・高校野球の県内ライバル校伝説【埼玉・長野・石川・滋賀】
・「9月入学」で甲子園の秋開催は実現するか?ドラフト実施時期は?
・高校野球監督の甲子園通算勝利ランキング、4位で名将3人並ぶ