国内移籍は落合博満、前田幸長、野口茂樹、中村紀洋、小池正晃、中田賢一、高橋聡文の7人

プロ野球のFA権取得は選手にとって大きな勲章だ。権利を行使して移籍することは野球人生においてターニングポイントになり得る重大な決断である一方、出ていかれる球団にとっては戦力ダウンとなり痛手であることも確かだ。

これまでFAで最も多く流出した球団は19人の西武。FA選手を7人獲得した中日は、逆に9人が流出している。今回は中日からFA移籍した選手を振り返ってみたい。

球団別FA流出選手数


移籍した内訳は国内が7人、海外が2人。国内他球団に移籍したのは下記の通りだ。

1993年オフ 落合博満 →巨人
2001年オフ 前田幸長 →巨人
2005年オフ 野口茂樹 →巨人
2008年オフ 中村紀洋 →楽天
2011年オフ 小池正晃 →DeNA
2013年オフ 中田賢一 →ソフトバンク
2015年オフ 高橋聡文 →阪神

初めてのメジャー移籍は福留孝介

中日から初めてメジャー挑戦したのは2007年オフの福留孝介だった。

中日からFAでメジャー移籍した選手


中日時代、2度の首位打者に輝くなど日本球界屈指の強打者として活躍した福留は、2007年オフにFA宣言してカブス入り。インディアンス、ホワイトソックス、ヤンキース3Aと渡り歩き、5シーズンでメジャー通算打率.258、42本塁打、195打点をマークした。

2013年から阪神に移籍し、2016年には日米通算2000安打を達成。現在も現役最年長プレーヤーとして活躍している。

川上憲伸は3年で中日復帰

明治大から1997年ドラフト1位で中日入団した川上憲伸は、最多勝に2度輝くなど右腕エースとして活躍。2008年オフにFA宣言し、ブレーブス入りした。メジャー初登板で初勝利を挙げる最高のデビューを飾り、シーズン7勝を挙げた。

しかし、2年目の2010年は開幕9連敗を喫するなど1勝10敗。2011年はメジャー昇格できず、2012年から中日に復帰した。2015年に退団し、そのまま引退。日米通算125勝98敗2セーブ1ホールドの成績を残している。

【関連記事】
・FAで断トツ最多の26人を獲得した巨人、移籍選手の「その後」は?
・FAで7人を獲得した中日、移籍選手の「その後」は?
・FAで10人流出した阪神、国内他球団とメジャー移籍した選手は?