4名がアーモンドアイ本命

11月1日に東京競馬場で行われるのは天皇賞(秋)。秋古馬三冠ロードの開幕を飾るレースで、新記録となるアーモンドアイのGⅠ8勝目がなるかに注目の集まる一戦だ。このレースをSPAIA予想陣はどのように見ているのか。

最多4名の本命を集めたのはやはりアーモンドアイ。三木俊幸氏いわく、

「東京コースはGⅠ4勝をあげており、最も得意とする舞台。マイル戦ではスタートが悪かった時に取りこぼしているが、2000mならリカバリーできる。普通に走れば大記録達成となるだろう」

とのこと。ちなみに、予想陣の「アーモンドアイを除く最上位評価」に注目するとクロノジェネシスとダノンキングリー2名、ダノンプレミアム、キセキが各1名とまちまちだった。2番手以下は難解な構図となっている。

また、データ予想の門田光生氏が指摘するように牝馬の勝率15.4%、連対率30.8%は牡馬・セン馬を大きく上回っており、クロノジェネシスはもちろんのこと、門田氏が3番手、東大が穴で挙げたスカーレットカラーにも注目だ。

2020年天皇賞(秋)予想まとめ

AI予想エンジンKAIBA
◎アーモンドアイ
○ダノンプレミアム
▲ジナンボー
△フィエールマン
×キセキ

東大ホースメンクラブ
◎ダノンキングリー
○アーモンドアイ
▲フィエールマン
△クロノジェネシス
☆スカーレットカラー

門田光生(データ予想)
◎アーモンドアイ
○クロノジェネシス
▲スカーレットカラー
△ブラストワンピース

三木俊幸(馬場適性チャート)
◎アーモンドアイ
○ダノンキングリー
▲クロノジェネシス
△ダノンプレミアム

京大競馬研究会
◎クロノジェネシス
○アーモンドアイ
▲キセキ
△ダノンキングリー
×ダノンプレミアム

坂上明大(展開/馬場バイアス)
◎アーモンドアイ
○キセキ


《関連記事》
【天皇賞(秋)】宝塚記念圧勝クロノジェネシスは最初に消し ハイブリッド式消去法で残ったのは2頭
【天皇賞・秋】上位勢に不安要素なし アーモンドアイに一泡吹かせるかもしれない1頭とは?
【天皇賞(秋)】名牝クロノジェネシス、アーモンドアイに黄色信号 当日まで覚えておきたいデータ