ドラ1石川ら3人の野手はいずれも一軍で安打を記録

【中日】ルーキー野手成績ⒸSPAIA


今シーズンの中日は2012年以来、8年ぶりにAクラス入りを果たした。投手陣ではエースの大野雄大や福敬登、祖父江大輔、R.マルティネスの中継ぎ陣が奮闘。野手陣では木下拓哉が正捕手の座を掴みつつあり、キャプテンの高橋周平が引っ張った。

来シーズン以降、また強い中日が戻ってくる可能性も大いにありそうだ。その屋台骨を担うことが期待されるルーキーたちの1年目を振り返ってみたい。

2019年のドラフト会議で中日は支配下6名、育成1名の合計7名を指名した。そのうち野手は1位の石川昂弥(東邦高)、4位の郡司裕也(慶応大)、そして高校時代は二刀流として活躍しドラフト時も投手して指名されていたのだが、入団後は外野手に専念している6位の岡林勇希(菰野高)の3名で、いずれも一軍デビューを勝ち取っている。

この中でもっとも早く一軍デビューした郡司は、開幕一軍入り4試合目にして代打でプロ初出場を果たし安打を記録。その2日後には初のスタメン出場を掴むも4打数ノーヒット。第1打席から3打席連続三振とプロの壁にぶち当たった。

7月頭に登録を抹消されたものの、およそ1カ月で一軍に復帰。その後は最後まで降格することなくシーズンを戦い抜いている。しかし打率は1割台に終わり、東京六大学で三冠王に輝いた郡司も打撃面で大きく苦しんだ格好。

3球団競合ということもあり大注目だった石川は二軍スタートだったが、開幕から1カ月としない7月12日に一軍へ昇格。即日スタメン起用されると郡司同様に初打席で安打(二塁打)を放つ大物ぶりを発揮。

その後は16打席連続無安打とあたりが出なかったが、7月22日の巨人戦でプロ初打席以来となる安打を放つと、コツを掴んだのか打撃が上向いた。結局、7月30日の登録抹消までの41打席で打率.222(36打数8安打)、OPS.578を記録。いずれの数字も打席機会がほぼ同等の郡司(46打席)を上回っており、超高校級の片鱗を見せた。

その後はシーズン終了まで二軍戦に出場。打率.278(205打数57安打)、3本塁打と高卒1年目としては文句ない数字を残している。

岡林は一軍で6試合に出場。7打席と打席機会は少なかったものの、初安打を記録している。二軍では本塁打こそないものの、打率.285(214打数61安打)と石川を凌ぐ数字を残した。

【中日】ルーキー野手成績ⒸSPAIA

橋本は開幕一軍入りも結果を残せず

【中日】ルーキー投手成績ⒸSPAIA


投手陣ではドラフト2位の橋本侑樹(大商大)が開幕一軍を掴んだ。左の中継ぎとして期待されるも、打ち込まれるシーンが目立ち8月頭に登録を抹消された。9月末に一軍へ復帰するも2試合連続で失点するなど、1年目は14試合で防御率7.41と苦しんだ。とくに四球が多くBB/9は6.88となっており、10回以上を投げた投手の中ではチームワースト。制球力アップが今後の課題となりそうだ。

社会人出身の即戦力候補として期待されたドラフト3位の岡野祐一郎(東芝)は、9試合(登板は11試合)の先発で6回以上を投げ切ることが一度もできなかった。強固な中継ぎ陣が控えているとはいえ、長いイニングを投げることができることができるようになると心強い。

ドラフト6位の竹内龍臣(札幌創成高)と育成1位の松田亘哲(名古屋大)は故障があり一軍、二軍ともに登板がなかった。なお、竹内は自由契約となり、来シーズンから育成契約として体作りを行うという。

新人たちが一軍で大きな実績を残すことはなかったが、育成含め7人中5人が一軍デビューを飾ったのは明るい材料。未来へ向けていいスタートを切った、といえるよう2年目以降の活躍に期待したい。

【中日】ルーキー投手成績ⒸSPAIA


【関連記事】
・阪神は井上広大がウエスタンリーグ2位の9本塁打【ルーキー通信簿】
・巨人は太田龍が二軍で最多勝獲得【ルーキー通信簿】
・ホークスのドラ1佐藤直樹は二軍盗塁王、3位津森宥紀は最強投手陣の中でも存在感【ルーキー通信簿】