防御率0.00オリックス・山本由伸 注目すべきは今後の起用法

防御率0.00オリックス・山本由伸 注目すべきは今後の起用法

キラリと光る2年目右腕

5月12日に行われたオリックス対楽天戦は、0-2で楽天が勝利した。この日は、楽天・先発の則本昂大がオリックス打線をわずか1安打に抑えて完封。オリックス・先発の山岡泰輔との投げ合いを制した。

この試合のヒーローは間違いなく則本だが、ここではオリックスの4番手として登板した、山本由伸に焦点を当てたい。

山本は2016年のドラフトで4位指名を受けて入団した右腕で、年齢はまだ19歳。しかし、今季は9試合にリリーフ登板して防御率0.00と完璧な投球を見せている。さらに驚くべきは、ここ7試合7回を投げて被安打0。アウトの内容も、6奪三振とほぼ1回に1つの割合で、打球を前に飛ばさせていないことがわかる。

意見が分かれる起用法

そんな好投を続ける山本に関して、ファンの間やインターネット上では、ある意見が増えている。それは、「山本はリリーフよりも、先発として育成した方がいいのではないか」というものだ。リリーフとして戦力となっている山本だが、ファンとしては「先発として育って欲しい」という願いがあるのかもしれない。

果たしてどちらが正解かはわからないが、かつて「先発かリリーフか」をめぐり、ファンからの意見が分かれた投手がいる。現在、楽天でリリーフを務める松井裕樹だ。

松井は、入団1年目の2014年は先発を中心に投げて4勝8敗、防御率3.80の成績を残したが、翌年からはリリーフへと転向した。この時も、「松井は先発として育てた方がいいか、リリーフの方がいいか」と意見が分かれていた。

結局、松井は抑えとして定着し、2015年から2017年までの3年間で96セーブを挙げる活躍を見せた。一方で、今季は14試合に登板して防御率5.14と成績を落としており、解説者やファンからは「3年間で173試合を投げた疲労の影響があるのでは」と心配の声も挙がっている。

果たして、山本も松井のようにリリーフの道へと進むのか。また、進んだ際に松井のような活躍を見せられるか。その後、疲労が投球にもたらす影響はあるのか。首脳陣の選択と今後が気になるところだ。

Photo by Brocreative/Shutterstock.com

関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索