エンゼルス大谷5年前のリベンジへ ヤンキース田中と28日に投げ合い濃厚

エンゼルス大谷5年前のリベンジへ ヤンキース田中と28日に投げ合い濃厚

4月の対戦は大谷が負傷で欠場

今シーズンからエンゼルスへと移籍し、二刀流として活躍を続ける大谷翔平。4月の月間最優秀新人に選ばれ、すでに投手として4勝をマーク。5月20日(日本時間21日)のレイズ戦では、メジャー移籍後自己最長になる8回途中2失点の好投で勝ち投手となった。

野手としては打率.310(87打数27安打)、6本塁打、17打点。ベーブ・ルース以来となる2桁勝利2桁本塁打も現実味を帯びてきた。開幕前には多くの記者が懐疑的だった二刀流だが、実力で見返した。

一方、今シーズンが5年目となる田中将大(ヤンキース)は防御率4.95と不安定な投球が続いているが、5勝2敗で勝ち越し。メジャー移籍から4年連続で2桁勝利を達成し、ここまで通算56勝と実績で大谷を上回っている。

野手・大谷と田中は4月の3連戦で対戦のチャンスがあった。しかし、田中が先発する前の試合で大谷は左足首を負傷し(故障者リスト入りするほどではなかった)大事をとって翌日の試合は欠場となった。

田中は先発登板して6回1失点、9奪三振(88球)の内容で勝利。先輩としての貫禄を見せた。その試合終了後に「長く同じ舞台でプレーしていれば、必ず当たる。その時は来る」とコメントしていた。

5月20日(日本時間21日)のレイズ戦で先発した大谷は順調なら中6日で5月27日(同28日)のヤンキース戦で先発へ向かうことが濃厚。田中は5月21日(同22日)のレンジャーズ戦で先発し、中5日で同エンゼルス戦の先発となる見込みだ。もちろん、雨天での試合中止などで日程がずれる可能性はあるが、田中がコメントしていた「その時」が間もなく訪れるかもしれない。

パ・リーグ時代は田中に軍配

パ・リーグ時代にふたりの投げ合いが1度だけあった。2013年9月6日にKスタ宮城(現・楽天生命パーク宮城)で行われた楽天と日本ハムの一戦で、両者は先発として登板している。2013年は田中の楽天最終年であり、これが現時点における最初で最後の投げ合いだ。

田中の19連勝中で迎えたこの試合、日本ハムが2-0と序盤にリードするも5回裏に大谷の2失点で2-2の同点となり、この回で大谷はマウンドを降りた。その後、楽天が勝ち越して田中は完投で20勝目をマークしている。

当時の大谷は高卒1年目のルーキーだった。しかし、5回までとはいえ田中と堂々と渡り合っていたのだ。それから5年、舞台をニューヨークに移して2度目の対戦の時が迫っている。

田中が先輩としての意地を見せるのか。それとも大谷が5年前の借りを返すのか。対決が今から待ち遠しい。

【両投手の成績】

  • 田中将大(ヤンキース)
    9試合/5勝2敗/56.1回/50奪三振/防御率4.95

  • 大谷翔平(エンゼルス)
    7試合/4勝1敗/40.1回/52奪三振/防御率3.35

※数字は現地5月20日(日本時間5月21日)終了時点

Ⓒゲッティイメージズ

関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索