筒香嘉智1試合3発でリーグ3位 複数本塁打は本塁打王への「切符」となるか

筒香嘉智1試合3発でリーグ3位 複数本塁打は本塁打王への「切符」となるか

筒香のバットが炸裂!

5月20日に東京ドームで行われた巨人対DeNA戦は、DeNAが2-10で勝利した。この試合は、合計8本塁打が飛び出す空中戦で、このうち3本は筒香嘉智が放ったもの。筒香はシーズン本塁打数を11に伸ばした。

20日時点の本塁打ランキングは、同僚のホセ・ロペスが14本、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が12本、山田哲人(ヤクルト)と筒香が11本で並んでいる。筒香はこの試合の複数本塁打で、上位との距離を一気に詰めた。

1試合3本塁打の記録あれこれ

1試合3本塁打と言えば、伝説の本塁打男ラルフ・ブライアント(近鉄)が1989年にシーズンで4回達成。このシーズンにブライアントは49本で本塁打王を獲得している。

また、2012年にもバレンティンが1試合3本塁打を2回達成している。この年もバレンティンは31本で本塁打王となった。落合博満(当時・ロッテ)も2回達成した1985年に51本で本塁打王。2試合で6本塁打を稼ぐのだから、当たり前と言えば当たり前かもしれないが、本塁打王に輝く選手は多い。

一方で、カリーム・ガルシア(オリックス)は、2試合連続で3本塁打を達成したが、シーズン21本で本塁打王になることは叶わなかった。

さらに、田淵幸一(当時・阪神)も1973年に1シーズンに2回の1試合3本塁打を達成し、シーズン37本塁打を放ったが、本塁打王とはならず。というのも、1960年代から1970年代にかけては、“世界のホームラン王”こと、王貞治が毎年のように本塁打王を獲得していたのだ。この年も王は51本塁打を放ち、本塁打王になっている。抜くことが出来ないのも無理はない。

果たして筒香はどうなるか。気が早いが、この試合を見て本塁打王争いが面白くなったように思う。

最後に余談だが、変わり種としては、1988年5月28日の石橋貢(大洋)のように1試合3本塁打を達成しながら、シーズン3本に終わった選手もいる。それどころか石橋は通算本塁打すら6本しかなかった。石橋にとっては人生最良の試合だったに違いない。

Ⓒゲッティイメージズ


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索