オリックスのアルバース6勝目、田嶋大樹は5勝中 半分はあの”お得意さま”から

オリックスのアルバース6勝目、田嶋大樹は5勝中 半分はあの”お得意さま”から

○○キラーの誕生

5月22日のオリックス対楽天戦は10-0でオリックスが完勝した。オリックス打線が爆発したことが、勝利の要因として大きかったが、8回を投げて5安打無失点に抑えた先発のアンドリュー・アルバースの好投も見逃せない。

アルバースは、5月15日に富山県営野球場で行われたロッテ戦でも、6回3安打1失点とチームの大勝に貢献。既に8戦6勝1敗、防御率2.13と好投を続けている。同じく左腕の田嶋大樹と共に、チームの勝ち頭だ。

注目すべきは、2人共、“お得意さん”と呼べるチームを作っていることだ。アルバースはロッテから3勝を挙げ、田嶋もソフトバンクを相手に3戦3勝。ここまで完全にカモにしている。

現在のオリックスは4位と順位では苦戦しているが、3位・ソフトバンクとはゲーム差2.5、5位ロッテとはゲーム差0だけに、この2人が順位争いに及ぼす影響は決して少なくない。

一方で気になる投手たち

新戦力が台頭している一方で、気になるのが既存の先発投手だ。去年まで活躍を見せていた投手たちが、今季はなかなか結果を残せていない。


  • 金子千尋:6試合 0勝4敗 防4.73
  • 西勇輝 :8試合 2勝4敗 防2.82
  • ディクソン:6試合 0勝4敗 防5.52
  • 山岡泰輔:8試合 2勝5敗 防3.23

チーム打率.230が示す通り、オリックスは貧打に悩まされている。そのため好投しても援護が得られないために負けた試合もあるが、それにしても先発になかなか勝ちがつかないというのは、首脳陣にとっても誤算だったはず。

また、去年までソフトバンクキラーと呼ばれていた西勇輝が、対ソフトバンク戦で3先発しながら1勝1敗といまひとつの成績であることも注目。4月28日の試合では、7回1失点と好投を見せただけに、田嶋と共にソフトバンクを苦しめたいところだ。

※成績は5月22日時点

Photo by 104000/Shutterstock.com

関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索