田中「伝家の宝刀」で大谷から2奪三振〜5月4週の日本人メジャーリーガー振り返り〜

田中「伝家の宝刀」で大谷から2奪三振〜5月4週の日本人メジャーリーガー振り返り〜

冴え渡ったスプリット

5月27日(日本時間28日)のヤンキースとエンゼルスの一戦。当初は田中将大(ヤンキース)と大谷翔平(エンゼルス)の投げ合いが予定されていたが、大谷の登板日が後ろにずれたため実現しなかった。

しかし、大谷は野手として「4番・DH」で試合に出場。メジャーリーグの舞台で初めて田中と対戦することとなった。迎えた1回表の第1打席は2死一塁の場面。初球から2球連続ボールとなるが、そこから田中はカウントを整えフルカウントとなる。勝負の6球目に田中が選んだのは伝家の宝刀スプリット。大谷のバットは空を切り第1ラウンドは三振で田中に軍配があがる。4回の第2打席は四球。6回におとずれた第3打席では3球三振。ここでも決め球はスプリットだった。

大谷は日本時代の5年前の借りを返すことができず、この日の対戦は2打数ノーヒット2三振、1四球と田中が先輩の意地を見せた。試合は3-1でヤンキースが勝利し、田中は今シーズン6勝目(2敗)をマークしている。

ダルビッシュ今季2度目のDL入り

ダルビッシュ有(カブス)が今シーズン2度目のDL(故障者リスト)入りとなった。報道によると「右上腕三頭筋腱炎」で重度の故障ではない模様だ。5月20日(同21日)のレッズ戦で移籍後初の白星を挙げ、これからの投球に注目されていた。復帰は最短で6月2日(同3日)のメッツ戦となる。

前田健太(ドジャース)は5月23日(同24日)のロッキーズ戦で自身の連勝を賭けてマウンドに上った。この試合で前田は7回途中無失点の好投を見せ、今シーズン4勝目(3敗)をマーク。今シーズン自己最多となる12奪三振をマークし、被安打はわずか「2」。チームは低迷しているが、前田は好調をキープしている。次回登板予定は中5日で5月29日(同30日)のフィリーズ戦。

平野が10戦連続無失点投球

ダイヤモンドバックスの平野佳寿がスキのない投球を続けている。3試合に登板し3回を投げ無失点。これで10試合連続での無失点投球となり、防御率は1点台に突入し1.93となった。また、23.1回で23奪三振と約1回に1個の三振を奪っていることも心強い。三振が取れる投手として試合終盤を任される存在となった。

パドレスの牧田和久も平野同様に3試合で無失点投球。特に5月27日(同28日)のアスレチックス戦では、メジャー移籍後最長となる3回を投げパーフェクトピッチングを披露。29球で仕留めており、状態を上げてきた。今後は信頼を勝ち取り、勝ち試合でも登板できるようになることが期待される。

故障からの復帰を目指している岩隈久志(マリナーズ)がブルペン投球。復帰の時期は未定だが、順調に回復しているようだ。

Ⓒゲッティイメージズ


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索