1週間で2つのメジャー切符! 男子ゴルフ秋吉翔太ミズノオープン優勝

1週間で2つのメジャー切符! 男子ゴルフ秋吉翔太ミズノオープン優勝

ツアー史上初8000ヤード超のモンスターコース

2018年〜全英への道〜ミズノオープンは、秋吉翔太選手がツアー初優勝を果たし、全英オープンへの出場権を手に入れた。秋吉選手は5月21日の全米オープン予選も通過しており、1週間で2つのメジャー切符を手に入れたことになる。また、2位タイに入った川村昌弘選手、小林正則選手、マイケル・ヘンドリー選手が残り3枠の全英オープンへの出場権を獲得した。

今年から、茨城県のザ・ロイヤル ゴルフクラブに舞台を移して行われたミズノオープンは、ツアー史上初の全長8000ヤード超えに設定されたモンスターコースが戦いの場となった。日本ツアーのトップ選手が、この距離を攻めきれるのか注目された大会でもあったが、2日目を終わって4アンダーまで伸びたスコアも、終わってみればアンダーは優勝した秋吉選手1人だけと、最後までコースの長さに苦しめられる結果となった。

明暗を分けた最終18番ティショット

そんな難コースの優勝争いは、上位4選手全員にチャンスはあったが、最終18番のティショットが明暗を分けた。17番を終わって2アンダーの小林選手は、18番のティショットを右側のラフに入れてグリーンは狙えず、3打目に勝負をかけた。しかし、その3打目もピンには寄らず、3パットのダブルボギーでイーブンパーに後退した。

小林選手を除く3選手は1アンダーで18番に臨んだ。川村選手は、ティショットを左のバンカーに入れてしまい2オンは諦め、3オン2パットでイーブンパーに後退。同じくティショットを左のバンカーに入れたヘンドリー選手は果敢に2オンを狙うも、バンカーショットをアゴに当ててしまった。それでも3打目でグリーンを捉え、2パットでイーブンパーに踏みとどまった。

秋吉選手は、ティショットでフェアウェイをキープすると、2打目でグリーンを捉え、2パットのパーとして1アンダーをキープ。見事初優勝に輝いた。

得意クラブはドライバー

秋吉選手は1990年生まれ熊本市の出身。石川遼選手や松山英樹選手の1学年上で、石川選手の活躍に刺激されてプロゴルファーの道に進んだ。ツアー初戦の2011年日本オープンで、初日2位タイにつけて注目を集めると、2014年ISPS・CHARITYチャレンジトーナメントでは3日間で24個のバーディを奪い、チャレンジ競技初優勝を飾るなど話題を提供してきたが、成績は安定せずシード権獲得には至らなかった。

しかし、2017年日本オープンで4位に入ると、翌週のブリヂストンオープンでも6位タイに入り、シード権を手繰り寄せた。初シード選手として参戦中の2018年中日クラウンズでは、最終的に4位タイに終わったが、3日目で首位に立ち優勝争いも演じている。

得意クラブはドライバー。2018年ドライビングディスタンスは、ここまでで20位と目立った記録は残していないが、2016年のトータルドライビングでは1位になっている。今回のミズノオープンでも、3日目16番705ヤードを第1打、第2打共ドライバーで打ってグリーン近くまで運びバーディを奪っている。思い切りの良いプレーで、全英オープン、全米オープンでの活躍を期待したい。

Photo by Holmes Su/Shutterstock.com


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索