メジャー昇格へ中後悠平が正念場 加藤豪将は長打力が微増

メジャー昇格へ中後悠平が正念場 加藤豪将は長打力が微増

防御率5点台の中後悠平は正念場

2018年に3度目のシーズンを迎えた中後悠平(なかうしろ・ゆうへい)は、メジャーリーグ昇格を夢見てダイヤモンドバックス傘下AAのジャクソン・ジェネラルズで戦っている。

中後悠平,Ⓒゲッティイメージズ

Ⓒゲッティイメージズ

ここまで中継で19試合に登板した中後は0勝1敗、防御率5.92。24.1回で25奪三振を記録する一方で被安打33、与四球13、1回あたりの走者数を示す指標のWHIPは1.89という成績で、安定感が見られない。

5月に入って11試合のうち6試合で失点。11回投げて12失点(自責11)、防御率9.00と散々な成績である。メジャー昇格の第一歩はAAで結果を残してAAAに昇格することだが、今シーズン中後は結果を残せていない。ここから立て直しをはかることができるだろうか。

貴重な変則左腕だけに、ピタリとはまればおもしろい存在になることは間違いない。メジャーで終盤を任されている平野佳寿との日本人リレーを実現させるためにも、踏ん張り時だ。

【今シーズン成績】
中後悠平(ダヤモンドバックス傘下AA)
19試合/0勝1敗/24.1回/25奪三振/与四球13/防御率5.92

加藤豪将は5月に入り長打率がアップ!

2013年ヤンキースにドラフト2位指名された加藤豪将は、今シーズン初めてヤンキース傘下のAA(トレントン・サンダー)に昇格。開幕戦から6戦連続安打という好調なスタートを切ったが、その後は低迷して打率.247で4月を終えた。

加藤豪将,Ⓒゲッティイメージズ

Ⓒゲッティイメージズ

5月になっても通算打率.238、3本塁打、10打点と調子が上がらない。とはいえ二塁打は4月の4本から6本に、本塁打は4月の1本から2本に増えた。長打率は4月の.342から.354に、わずかながら上昇している。

守備面では、内野の各ポジションと左翼を守れるユーティリティープレーヤー。監督にとって複数のポジションを守れる選手は使い勝手がよいが、メジャー昇格には、さらなるパワーと打撃力が必要だ。

同じ1994年生まれの大谷翔平がメジャーリーグの大舞台で結果を残しているなか、加藤も続くことに期待が集まっている。

【今シーズン成績】
加藤豪将(ヤンキース傘下AA)
48試合/打率.238/3本塁打/10打点/6盗塁

※数字は2018年5月31日(日本時間6月1日)時点

Ⓒゲッティイメージズ


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索