阪神・ロサリオ代役は糸井か福留か 新外国人獲得の可能性も

阪神・ロサリオ代役は糸井か福留か 新外国人獲得の可能性も

ついに抹消された新助っ人

阪神は6月3日の楽天戦でちょうど50試合を終えた。0.5ゲーム差で3位とAクラスに入っているものの、借金2と苦しい戦いが続いている。チーム防御率は1位の3.30と好調な半面、得点はリーグ最低の165得点と5位のDeNAの200得点からも大きく離されてしまっている。

この現状を重く見たのか、首脳陣は開幕から4番を任せていた新外国人のロサリオに、2軍での再調整を命じた。これにより空いた4番の座には誰が座ることになるのだろうか。

4番候補本命は糸井か

6月2日に行われた西武戦で、阪神のロサリオが初めてスタメンから外され、翌3日に登録を抹消された。

今シーズン開幕から「4番・一塁」を務めていたロサリオだが、打順を変更することはあったものの、スタメンから名前を消したことはなかった。金本監督は大きな決断をしたと言っていいだろう。

ロサリオは今季48試合に出場し、打率.230、4本塁打、22打点の成績を残している。4番としては物足りない数字であり、出塁率は.270。総合的な打力を示す指標であるOPSも.604と平均(.700前後)を大きく下回っている。しかし、まったく打てていないわけではないだけに、スタメンから外すべきか、金本監督も頭を悩ませたことだろう。

ロサリオ抹消後の4番には糸井嘉男が座っている。また、5月12日から18日にかけては、福留孝介が4番に座っていた。この2人が今後も4番候補として挙げられる。しかし、福留孝介は既にベテランの域にあり、“休養日”が設定されスタメンから外れる試合もある。不動の4番としては厳しい。となると、やはり糸井が本命と言えるのではないだろうか。

かつての例を見てみると?

また、昨季、シーズン途中にジェイソン・ロジャースと契約を結んだように、新外国人打者を獲得するという手段もある。結局ロジャースが、打率.252、5本塁打、23打点という成績でオフに退団したように、上手くいかない可能性もあるが、過去には成功した例もある。

2009年に途中入団したクレイグ・ブラゼルがその例だ。この年に阪神は、ケビン・メンチを開幕から起用したが、成績を残せず途中でスタメン落ち。途中からブラゼルをスタメンに昇格させた。すると、ブラゼルは82試合で打率.291、16本塁打、49打点の成績を残してチームに貢献。翌2010年には47本塁打を放つ大活躍を見せた。

果たして阪神は今後どのような策をとるのか。ロサリオの復調を待つのも手だが、新外国人の獲得に動くことも十分考えられる。ブラゼルのように、かつて他球団に在籍した外国人選手を獲得するのであれば、中日、広島で活躍を見せたエクトル・ルナ辺りが面白いかもしれないが……。今後やいかに。

Photo by KIM JIHYUN/Shutterstock.com


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索