源田・金子・外崎の俊足トリオが50盗塁!「スーパーカートリオ」超えも?

源田・金子・外崎の俊足トリオが50盗塁!「スーパーカートリオ」超えも?

源田・金子・外崎を中心に「機動力」も武器とする西武

圧倒的な破壊力が話題の西武打線だが、西武野手陣の武器は強打だけではない。もうひとつのストロングポイント「機動力」も、首位キープを支えている大きな要因である。

6月10日終了時点で、西武は両リーグトップとなるチーム盗塁数69を記録。塁に出れば足でかき回し、強打と機動力の相乗効果で12球団トップの得点を生み出している。

特によく走っているのが源田壮亮、金子侑司、外崎修汰の俊足3人衆だ。それぞれ19(源田)、18(金子)、13(外崎)と二桁盗塁を決め、合計50盗塁。チーム盗塁数の大半を3人で占める形となっている。

西武俊足3人衆は「スーパーカートリオ」に匹敵!?

「盗塁しまくる3人組」といえば、往年のプロ野球ファンには、かつて快足でその名をとどろかせた大洋ホエールズ(現DeNA)の「スーパーカートリオ」が思い出されるのではないだろうか。

スーパーカートリオとは、1980年代の大洋で活躍した高木豊氏、加藤博一氏、屋鋪要氏の俊足打者3人組のこと。全員が大洋に揃ったのは1983年からで、近藤貞雄監督が彼らを上位に並べる打線を組んだ1985年にこのトリオ名が定着した。

その年、3人は合計で148盗塁を記録。前年盗塁王の1番・高木氏が42盗塁、2番・加藤氏が48盗塁、屋鋪氏は3番ながらトリオ最多の58盗塁を決め、プロ野球史上類を見ない走りまくる上位打線が結成された。

同一チーム内でシーズン40盗塁以上を3選手が同時に達成したのは、プロ野球の歴史の中でこのときの大洋のみ。高木氏らを超える機動力ユニットは未だ球界に出現していない。

しかし、今年の西武俊足3人衆はこの記録を脅かす存在になってきた。ここまでの試合で、スーパーカートリオに匹敵する勢いで盗塁を量産している。

スーパーカートリオ以来「トリオで40盗塁超え」が狙えるペース

源田・金子・外崎は、ともに不動のレギュラーとしてスタメンに名を連ねている選手。残り全試合に出場を果たすと仮定して、それぞれ1試合あたりの盗塁ペースをシーズン成績に換算すると、以下のような数字になる。

西武ライオンズ,盗塁数,源田壮亮、金子侑司、外崎修汰,表

2017年37盗塁で盗塁王まであと2つに迫った源田、2016年53盗塁で盗塁王を獲得した金子はともにシーズン40盗塁後半のペースでここまで盗塁を重ねている。2017年に自身最多となる23盗塁を記録した外崎も、これから次第で40盗塁超えを狙えそうだ。

3人合計の盗塁ペースでは、シーズン換算で130近くとなる。大洋で高木氏らが活躍した当時はシーズン130試合制だったため、単純な比較はできないものの、スーパーカートリオが残した148盗塁超えも不可能な数値ではない。

新スピードトリオの愛称は?

スーパーカートリオというネーミングには、1970年代から1980年代にかけてのスーパーカーブームが定着の背景にあったが、西武俊足3人衆にも何かオリジナルの愛称がほしいところだ。

西武球団は、毎回ユニークなキャッチフレーズが好評となっている「選手日程ポスター」の5月度で俊足3人衆をピックアップした。ポスターで3人は「超高速トリオ」と命名され、「唯我独走」「青の三連星。(ブルースリー)」というキャッチフレーズも登場している。

しかし今年の西武野手陣といえば、野性味あふれるラインナップから「山賊打線」のニックネームがすっかり定着している。そこで、塁を盗む彼らに「盗賊3人衆」「盗賊トリオ」「盗賊団」などというのは……少々過激すぎるだろうか?

ⒸSPAIA


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索