どうした?秋吉、松井裕、又吉……頼れる中継ぎが相次ぎ不振

どうした?秋吉、松井裕、又吉……頼れる中継ぎが相次ぎ不振

好調な投手陣の影で不振の秋吉

セ・パ交流戦で快進撃を見せるヤクルトだが、その要員のひとつにリリーフ陣の安定が挙げられる。
まず、クローザーの石山泰稚が7試合に登板し、防御率0.00と無失点投球を継続中。また、セットアッパーの近藤一樹も石山と同じく無失点、マット・カラシティー、中尾輝らも好投しており試合終盤が安定したのだ。このように、試合終盤を任せることのできる投手の存在はチームにとって非常に大きい。一方で球界を見渡すと今シーズン開幕から不振に陥ってしまった中継ぎもいる。

好調のヤクルトにあって秋吉亮もそのひとりだ。2013年ドラフト3位で入団して以来、3年連続で60試合以上に登板。昨年の開幕前の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表にも選ばれた実績者だ。昨シーズンは故障もあり43試合の登板に終わったが、今シーズンは開幕からセットアッパーとして期待されていた。

だが開幕戦で2失点を喫してしまい、その後一時的に安定を取り戻したものの、5月は11試合に登板し防御率5.73と立ち直れていない。6月に入っても2試合連続で失点と苦しい状況が続いている。役割も「勝利の方程式」からは外れ、比較的、楽な場面での登板が増えた。

また、球団も新外国人選手として中継ぎのジェイソン・ウルキデスの獲得を目指すという。外国人枠はウラディミール・バレンティン、デービッド・ブキャナン、デーブ・ハフ、マット・カラシティーで埋まっているが有事の際の保険ということだろう。もしかすると秋吉が万全な状態であれば、必要のなかった補強かもしれない。

秋吉が復活することでブルペンの層は厚くなる。石山、近藤、中尾らが好投を続けているうちに復調できることを期待したい。

楽天はセットアッパー、クローザーがともに二軍降格の非常事態

実績はありながら調子が上がらない中継ぎ投手は、他の球団にもいる。楽天の松井裕樹、福山博之もそうだ。 昨年のWBCでは同じ日本代表として戦った秋吉と松井だが、今シーズンは救援失敗が続き6月7日に登録を抹消された。また、4年連続60試合以上に登板しセットアッパーとして活躍していた福山博之も、今季の防御率は7点台と調子が上がらず5月半ばに二軍降格となっている。

パリーグ最下位という状況の中、終盤を任せられるふたりの投手が離脱した。現在は、フランク・ハーマンが守護神となり抑えているものの、中継ぎ陣自体は手薄だ。チームの順位を上げるためにも松井、福山の復活は必要不可欠だ。

中日の又吉克樹も深刻だ。昨シーズンは低迷するチームのなか、先発・中継ぎの両輪で8勝3敗21ホールド、防御率2.13とで奮闘していた。しかし、中継ぎに固定された今シーズン、ここまで11試合で防御率は8点台と波に乗れていない。
4月中旬から約1ヶ月間にわたり二軍落ちも味わった。交流戦開幕直後に一軍復帰したが、3試合目の登板となった6月5日のロッテ戦で3失点を喫してしまう。

ルーキーながらセットアッパーを任されている鈴木博志が打ち込まれ出しただけに、又吉の復調は重要事項だ。松坂大輔、山井大介といったベテランが結果を残している投手陣だが、中堅どころの又吉も負けてはいられない。

このように昨シーズンまで実績を残していた中継ぎ陣が不調に陥っている。彼らの復活こそがチームにとって大きな補強となることは間違いない。本来の投球を取り戻せるのか、今後の投球に注目したい。

※数字は2018年6月10日終了時点

Ⓒゲッティイメージズ

関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索