スライダーの被打率.188 魔球を武器に、ロッテ・東條大樹はさらなる高みへ

スライダーの被打率.188 魔球を武器に、ロッテ・東條大樹はさらなる高みへ

ブルペンに欠かせない存在に

プロ入り4年目にしてプロ初勝利を挙げたロッテの東條大樹。今季は自己最多の58試合に登板し、17ホールドポイントをマークするなど飛躍の1年となった。

シーズン序盤はビハインドの場面での登板が多かったが、4月12日の日本ハム戦から12試合連続で無失点に抑えるなど、結果を出して首脳陣からの信頼を徐々に獲得。シーズン中盤以降はブルペンに欠かせない存在となった。

5月25日のソフトバンク戦では、2-3と1点ビハインドの7回に登板。1回を完璧に抑えるとその裏に味方打線がつながり逆転。東條の好投が良い流れをもたらし、チームは勝利、自身も初白星となった。

今季ロッテのシーズン序盤は、松永昴大、酒居知史、唐川侑己、益田直也らが主に勝ち試合を任されていた。だが、各投手の好不調やコンディションへの配慮もあり、東條や田中靖洋、ルーキーの東妻勇輔や中村稔弥らの登板機会も増え、最終的にリリーフは横一線。益田はシーズンを通してほぼクローザーとして君臨したが、リリーフ陣全体として勝ちパターンを確立できたとは言い難いままシーズンを終えた。

中でも特に大きな収穫だったのが、東條の台頭ではないだろうか。右のサイドスローで打者の目線を変えられることも影響し、ブルペン陣のバリエーションも広がった。

生命線はスライダー

東條の最大の武器はスライダーだ。球種配分をみると、スライダーの割合は実に約44%。2球に1球はスライダーを投じていることになる。カウント球としても決め球としても機能しており、最も自信を持っている球種であることは明白だ。

スライダーの被打率は圧巻の.188(昨季も.188)。空振り率は昨季の約11%から、今季は約18%に向上した。今季通算の奪三振数は53個のうち36個をスライダーで奪っている。特に日本ハム戦には強く、大田泰示や中田翔ら右の強打者はキレ味が鋭いため、打者の手前で曲がるスライダーにタイミングが合わず手を焼いていた。

左右打者別の被打率は、右打者が.228、左打者が.311と右打者に滅法強い。サイドハンドから繰り出す外へ逃げていくスライダー、内側からストライクゾーンに食い込むスライダーが効果的。直球の威力が昨季よりも増していることも、スライダーが生きている要因だろう。

東條にとって、スライダーは生命線でありウイニングショット。現在は侍ジャパンの投手コーチを務め、現役時代は右のサイドスローで日本ハムやレンジャーズなどで活躍した建山義紀氏も、東條のスライダーの曲がり具合には「本当によく曲がりますよね」と語り舌を巻いていた。東條と同様に、投球の割合が半数近く占めるシーズンがあるほどスライダーを武器にしていた建山氏からの称賛は、東條のスライダーが一級品である証だろう。

一方で、球数は少ないチェンジアップの被打率は.375。現在は今季最速146kmの直球とスライダーが軸の組み立てとなっているが、チェンジアップで打ち取れるようになれば当然投球の幅は広がる。横の揺さぶりに縦の揺さぶりが加われば、ますますやっかいな投手になるだろう。

今季は目標だった50試合登板を達成し、一定の存在感を示した。左の松永が重宝されるように、東條のようなサイドスローはブルペンに置いておきたい存在。来季は勝ちパターンでの登板のさらなる増加、チームに勝利を呼び込む投球に期待したい。


関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る