「フェルメールの絵から聴こえる音楽」がコンセプト 『フェルメール展』公式タイアップCDが発売中

「フェルメールの絵から聴こえる音楽」がコンセプト 『フェルメール展』公式タイアップCDが発売中

東京の開催時には60万人以上を動員した『フェルメール展』。2019年2月16日からは、大阪市立美術館に場所を移しての開幕となった。フェルメールのわずか35点とされる希少な現存作品のうち、日本初公開の作品を含む6点が展示されるとあって、大きな注目を集めている本展。さらに、みどころならぬ“聴きどころ”にも注目したい。

その“聴きどころ”とは、美術展の「音声ガイド」に使用されている音楽だ。そのすべては、このフェルメール展のために新規録音されたもの。フェルメールは音楽や楽器をモチーフにした作品を約10作品も残していることから、「フェルメールの絵から聴こえる音楽とは?」をコンセプトに、その時代に流行し親しまれていた歌や楽曲が選曲され、現代に再現されている。

Vox Poetica

Vox Poetica

フェルメール展で展示されている《恋文》《リュートを弾く女》に描かれたリュートを担当したのは、世界的リュート奏者・瀧井レオナルド。ソプラノの佐藤裕希恵とのデュオVox Poetica(ヴォクス・ポエティカ)による演奏で、美しく素朴なメロディを描きだしている。また、その当時盛んに演奏されていた、ネーデルランド地方の舞曲集(ダンスリー)の楽曲を、ルネサンス・フルート(木製のフルート)を中心とするアンサンブルグループ、ソフィオ・アルモニコが演奏。ゲムス・ホルン、ルネサンス・リコーダー、ルネサンス・ギターといった様々な古楽器の音色を楽しむことができる。

リュート

リュート

これらの音楽を収録したフェルメール展公式タイアップCD『フェルメール〜絵の中の音楽〜』も好評発売中だ。リスナーからは、「思わず絵画の世界にひきこまれた」「今まで聴いたことがない時代の音楽を知ることができた」「ずっと聴いていたい!」などの声が届いているそう。同美術展のショップで取り扱われている他、全国のCDショップで手に入る。CDを聴いて、17世紀のオランダにタイムトリップしてみてはいかがだろう。


関連記事

SPICEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索