ミュージカル『ボディガード』来日公演の主演女優アレクサンドラ・バークが、ホイットニーの名曲を海宝直人とデュエット

ミュージカル『ボディガード』来日公演の主演女優アレクサンドラ・バークが、ホイットニーの名曲を海宝直人とデュエット

世界11カ国で400万人動員中のミュージカル『ボディガード』が日本に上陸する(2019/9/13〜10/6東急シアターオーブ、10/11〜10/20梅田芸術劇場)。ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの主演で1992年に大ヒットした映画の舞台版である。映画でホイットニー・ヒューストンが演じたレイチェル・マロン役を舞台版で務めるのが、英国の歌手/女優、アレクサンドラ・バークだ。彼女のサード・アルバムが、日本での上演に先駆けて2019年9月4日(水)に国内盤リリースされる。

アレクサンドラは、2008年に英国の有名音楽オーディション番組「The X Factor」第5シリーズで優勝を飾り、直後に発売されたシングル「ハレルヤ」は88万枚を売り上げて、英国年間チャートで1位を獲得した。続く2009年発表のデビュー・アルバム『オーバーカム』も英国で1位を獲得している。近年は卓越した歌唱力を活かし、ミュージカル女優として数々の話題作に出演し活躍中である。

アレクサンドラ・バーク

アレクサンドラ・バーク

今回国内盤リリースされるアルバム『ザ・トゥルース・イズ』は、2018年に英国デッカ・レーベルから発表された作品。アコースティックなR&Bテイストのナンバーを、深みのあるヴォーカルで堂々と歌い上げた作品。ボーイゾーンのローナン・キーティングとのデュエットによるバラード・ナンバーも収録している。

そして日本盤CDには、アレクサンドラ同様、俳優とヴォーカリストの両面で人気を博している海宝直人とのデュエットによるホイットニーの「アイ・ハヴ・ナッシング」のカヴァーが、ボーナス・トラックとして収録される。「オールウェイズ・ラヴ・ユー」と並ぶ映画『ボディガード』から生まれた世界的大ヒット・バラードで、当時グラミー賞及びアカデミー賞の両方で最優秀楽曲賞にノミネートされた名曲。今回アレクサンドラからのラヴコールで、国を越えた夢のデュエットが実現した。

海宝直人

海宝直人

ピアノのみをバックに二人が歌い上げる圧巻のパフォーマンスとなっているそうで、アレクサンドラは海宝直人の歌声について、「今回、私のお気に入りの曲のひとつである「アイ・ハヴ・ナッシング」をデュエットしましたが、海宝さんの歌声は気絶するほど美しくて現実離れしています! 彼が参加してくれて本当にラッキーです」と絶賛している。また、今回のコラボについて海宝は、「パワフルで心揺さぶるエモーショナルな素晴らしい歌声と表現力を持つアレクサンドラさんとのデュエット、ご一緒出来て心から光栄に思います。圧巻の歌声です。ボディガードでの来日、とても楽しみにしています」とコメントしている。


関連記事

SPICEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索