埼玉西武ライオンズはライオンズ命名70周年を記念し、2020シーズン中のホーム開催計16試合で『ライオンズ70周年シリーズ』を開催。選手達は試合で「ライオンズ70周年ユニフォーム」を着用する。

1951年の西鉄ライオンズ誕生以来、70周年を迎えた「ライオンズ」のチーム名 (c)SEIBU Lions

1951年の西鉄ライオンズ誕生以来、70周年を迎えた「ライオンズ」のチーム名 (c)SEIBU Lions

『ライオンズ70周年シリーズ』の試合日程は次のとおり。

★4月21日(火) 18:00試合開始(千葉ロッテマリーンズ戦)
・5月19日(火) 18:00試合開始(千葉ロッテマリーンズ戦)
・5月20日(水) 18:00試合開始(千葉ロッテマリーンズ戦)
・5月21日(木) 18:00試合開始(千葉ロッテマリーンズ戦)
・5月22日(金) 18:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
・5月23日(土) 14:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
★5月24日(日) 13:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
・7月 3日(金) 18:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
・7月 4日(土) 14:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
・7月 5日(日) 13:00試合開始(オリックス・バファローズ戦)
★9月 8日(火) 18:00試合開始(福岡ソフトバンクホークス戦)
・9月 9日(水) 18:00試合開始(福岡ソフトバンクホークス戦)
・9月10日(木) 18:00試合開始(福岡ソフトバンクホークス戦)
・9月15日(火) 18:00試合開始(東北楽天ゴールデンイーグルス戦)
・9月16日(水) 18:00試合開始(東北楽天ゴールデンイーグルス戦)
・9月17日(木) 18:00試合開始(東北楽天ゴールデンイーグルス戦)

※4月21日(火)は東京ドーム(東京都)、5月19日(火)は県営大宮球場(埼玉県)で開催。それ以外の試合はメットライフドーム(埼玉県)で開催。

このうち4月21日の千葉ロッテマリーンズ戦、5月24日のオリックス・バファローズ戦、9月8日の福岡ソフトバンクホークス戦の3試合(★付き)では、「ライオンズ70周年ユニフォーム」(非売品)を来場者全員に配布。ファンが選手たちと同じデザインのユニフォームを着用し、グラウンドとスタンドが一体となって戦う。

「ライオンズ70周年ユニフォーム」の配布対象者は、当日のチケットを持つ来場者(ビジター外野除く、チケット1枚にグッズ1つ)となる。チケットを持参しない未就学児は対象外。なお、サイズはSとLの2種類で、各サイズとも在庫がなくなり次第、残りのサイズのみのプレゼントとなる。

・Sサイズ:着丈68cm/身巾50cm/袖丈32cm
・Lサイズ:着丈76cm/身巾61cm/袖丈38cm

「ライオンズ70周年ユニフォーム」 ※画像はイメージ (c)SEIBU Lions

「ライオンズ70周年ユニフォーム」 ※画像はイメージ (c)SEIBU Lions

また、選手が着用する「ライオンズ70周年ユニフォーム」と同デザインのレプリカユニフォームの販売も行われ、現在は事前予約受付がライオンズストア オンラインで実施されている。

1950年に福岡で西鉄クリッパースが発足すると、翌51年には西日本パイレーツとの合併を経て西鉄ライオンズが誕生。以来、太平洋クラブ、クラウンライター、西武を経て、現代にいたるまで70年もの間、「ライオンズ」の名は受け継がれてきた。この間に築き上げたリーグ優勝23回、日本シリーズ優勝13回という実績は、ともにパ・リーグ最多だ。

2020年シーズンの埼玉西武ライオンズは、「SPIRIT of KING」をテーマに70年目の戦いに挑む。ライオンズファンにとって、『ライオンズ70周年シリーズ』の全16試合はどれも見逃せない。