キャラクターとライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト『バンドリ!』氷川紗夜役で、Roseliaギターの声優・工藤晴香が、ミニアルバム『KDHR(読み:くどはる)』(3月25日発売)で、日本クラウンよりソロ・メジャーデビューを果たすことが発表された。

工藤晴香は、高校生時代からモデルとして活動した後、2005 年にテレビアニメ『ハチミツとクローバー』の花本はぐみ役で声優デビュー。その後も数多くのアニメに出演し、2016年からガールズバンドとして夢を追いかける少女たちを描く作品『バンドリ!』の氷川紗夜役を担当、Roselia のギター担当としても活躍。声優、ミュージシャンに加え、イラストレイターやデザイナーとしても活動するマルチクリエイター。デビュー作『KDHR』では、全ての楽曲で作詞も担当している。

ソロ・メジャーデビューにあたり、工藤晴香のコメントも到着した。

「14歳からモデルとして芸能界で活動を始め、今は声優として楽器や殺陣など様々なことに挑戦している私が、遂に、アーティストデビューさせていただくことになりました!
作詞にも初めて挑戦し、私の歩んできた道や想いを表現しました。
私にとって今まで経験したことのない未知の世界ですが「人生1度きり!全力で楽しむ!」をモットーに、
たくさんの人に工藤晴香こと"くどはる"を知ってもらえるよう頑張ります!」

 

なお、メジャーデビューを記念して、3月27日(金)19:00〜、Shinjuku BLAZE にて初のワンマンライブ『KDHA ROOM〜MY VOICE MY LIVE〜』開催も決定。公式ファンクラブ「KDHR Apartment」での先行予約もスタートした。

どんなライブになるのかもチェックしたい。