2020年3月19日(木)〜29日(日)下北沢、ザ・スズナリにおいて、新宿梁山泊の水嶋カンナが主宰する演劇ユニットProject Nyx(プロジェクト・ニクス)が、女歌舞伎『新・雪之丞変化』を上演する。 

Project Nyxは2006年に水嶋が立ち上げ、不朽の名作から知られざる傑作を現代のパフォーマンスとして蘇らせる実験演劇ユニット。さまざまなジャンルのアーティストが出逢うことにより、演劇という枠を超え、音楽、舞踊、アートが融合した新たなエンターテインメントの創造を志している。

85歳で今なお、ビジュアルの神として、若者に絶大な支持を受ける宇野亞喜良が発案企画、映画「雪之丞七変化」を小劇場用に戯曲化した本作は、1988年の初演では加納幸和、篠井英介による小劇場歌舞伎として上演された作品。今回Project Nyxの新たな発展の境地として、女性だけによる女歌舞伎として仕立てる逆転発想に挑む。Project Nyxが時代劇・和物に挑むのも初めてのことで、衣装、美術などのビジュアルも、斬新な切り口の和を追求している。さらに、BUCK−TICKの楽曲を随所に散りばめ、今までにない、スーパーロック・エンターテインメントの創造を試みる作品となる。

あらすじ
謀略にはめられ非業の死を遂げた親の敵を討つため、大坂から江戸へと、芝居の一座の花形女形としてやってきた美貌の青年、中村雪之丞。仇敵・土部の娘である波路は雪之丞の艶姿にすっかり魅了されてしまう。雪之丞は自分の好意を寄せる波路を利用し、復讐を遂げようとするが、、、愛が悲恋を呼び、悲劇のどんでん返しが、雪之丞を待っていた。