2020年7月に日生劇場ファミリーフェスティヴァルにて上演されるNHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』のビジュアルが解禁された。

本作は、人里離れた森で暮らすゾンビの女の子・ノノと街で暮らす人間の男の子・ショウの小さな友情の物語。1961年の放送開始から1,300曲以上の名曲を送り出し、広く人々に親しまれてきたNHK『みんなのうた』より歴代の名曲を全編に散りばめたオリジナル・ミュージカルだ。元気いっぱいで好奇心旺盛なゾンビの女の子・ノノ役を上白石萌音と熊谷彩春、大人しくて心優しい人間の男の子・ショウ役をのんと伊藤理々杏(乃木坂46)がそれぞれWキャストで演じ、ふたりの禁じられた友情を優しく見守るゾンビの長老・リリィ役を一路真輝が演じる。


今回解禁となった扮装について〈ゾンビ〉の女の子・ノノ役を演じる上白石は「思い描いていたゾンビよりもずっと可愛らしく、はつらつとしていて驚きました」とコメント。Wキャストでノノ役を演じる熊谷も「想像とは違う可愛い『ゾンビ像』でびっくり」と続き、ふたりともイメージとは異なる扮装だった様子。さらに本作で初の男の子役に挑戦するのんは「少年役は以前から興味がありました」と意気込み、ショウ役を「うまく勇気を出せないキャラクター」と分析。Wキャストでショウ役を演じる伊藤も、初めての扮装に「新鮮で不思議な感じ」と心躍らせ「男の子らしいポージングはどのような感じなのだろう」と役になりきり撮影に臨んだという。〈ゾンビの長老〉というミステリアスな役どころの一路は「人間でも妖精でもない、いろいろな要素が絶妙なバランスで入っている素敵な扮装」と撮影を振り返り「益々舞台が楽しみになりました」と作品への期待感を語った。キャストコメントの全文は以下のとおり。

上白石萌音(ノノ役・Wキャスト)

思い描いていたゾンビよりもずっと可愛らしく、はつらつとしていて驚きました。袖を通した時にノノの明るさや強さがすっと身体に入ってきた感じがしました。この衣装で舞台をあちこち駆け回るのが楽しみです。ぜひ、会いにきてください!

熊谷彩春(ノノ役・Wキャスト)

撮影前日は、ノノのように元気な女の子のエネルギーを出すために、彼女と同い年くらいの女の子が主人公の映画やアニメをみたりしてのぞみました。当日は元気にはっちゃけながら楽しく撮影が出来ました。ノノの衣装は、想像とは違う可愛い「ゾンビ像」でびっくり。お花のような襟元のピンクのワンピースと、おちゃめで可愛らしい髪型。一目見て「ノノ」のイメージが膨らみ、これから役作りをするのが楽しみです!

のん(ショウ役・Wキャスト)

子供独特の世界が大好きなので、少年役は以前から興味がありました。うまく勇気を出せないキャラクターなので、もじもじ感を出せるように意識しました。それでいて、好奇心旺盛にノノと話す無邪気さもある。撮影がとても楽しかったので、皆さんと舞台を踏むのが待ち遠しいです。

伊藤理々杏(乃木坂46)(ショウ役・Wキャスト)

男の子の姿になった自分を見た時は新鮮で不思議な感じがしました。撮影時、男の子らしいポージングはどのような感じなのだろうと凄く悩んだりしたので、改めて男の子を演じるにあたって沢山考えていかなければと思いました。ショウ君として皆様に楽しんで頂けるように精一杯頑張ります!

一路真輝(リリィ役)

ゾンビの長というイメージからすると妖精に近いかな(笑)。なんて思いながら袖を通したのですが、ヘアメイクをしていざ鏡の前に立ったら、完全にゾンビでした。人間でも妖精でもない、いろいろな要素が絶妙なバランスで入っている素敵な扮装でした。紫色も大好きなので、嬉しかったです。この扮装から役のイメージが膨らみ、益々舞台が楽しみになりました。

 

チケットの一般発売は2020年5月15日(金)10:00から。日生劇場Webチケット会員向けの特別先行予約が2月21日(金)10:00からスタートする。