『K-1 WORLD GP 2020〜K'FESTA.3〜』が3月22日(日)に開催される。その追加対戦カードとして、K-1 WORLD GPクルーザー級王者のシナ・カリミアンと、挑戦者・愛鷹亮のタイトルマッチが決定した。

両者は昨年8月K-1大阪大会のスーパーファイト(日本vs世界・5対5)で対戦し、愛鷹がカリミアンをKO。続く11月のK-1横浜大会ではタイトルマッチでの再戦が決まっていたが、カリミアンが大会直前に負傷し、その行方が注目されていた。

カリミアンは2018年9月24日に行われた、「初代K-1クルーザー級王座決定トーナメント」に参戦。2mの長身を生かしたパンチとヒザを武器に、強豪を次々と撃破し、初代クルーザー級王座を奪取した。

愛鷹は警察機動隊出身の格闘家で、常にKOを狙うスリリングな攻撃が持ち味。大方の予想では「カリミアン有利」とされていた初対戦でも、終始相手ペース進んでいた試合を、3R0分57秒に右フック一発で仕留め、衝撃のKO劇で終わらせている。

『K-1 WORLD GP 2020〜K'FESTA.3〜』での再戦は、2月12日に行われた「K-1 AWARDS 2019」で、両選手の同席のもと発表された。

王者・カリミアンは「昨年の年末、怪我に見舞われて欠場することになってしまったことを本当に残念に思っています。ただし今年素晴らしい環境で素晴らしい練習をし、最高の状態で試合を迎え、誰が一番強いかをリングの上で証明したいと思います」とコメント。なお、本人の意向により、新たにPOWER OF DREAMの所属となったことも発表された。

対する愛鷹は「今回こんな大きい舞台でタイトルマッチをやらせていただいて、本当にありがとうございます。前回はカリミアン選手の怪我で試合が流れてしまったんですけども、自分達は格闘家なので怪我は付き物ですし、仕方がないと思います。次こそは絶対万全の体調で来てくれると思いますし、自分も当日史上最強の愛鷹亮になって、必ずベルトを奪取します。応援よろしくお願いします」と語り、待ちに待ったタイトルマッチへの期待感をにじませた。

「K-1 AWARDS 2019」で意気込みを語る両選手  (C)K-1

「K-1 AWARDS 2019」で意気込みを語る両選手 (C)K-1

▼K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
シナ・カリミアン(POWER OF DREAM/K-1 WORLD GPクルーザー級王者)
vs
愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/挑戦者)

シナ・カリミアンと愛鷹亮の再戦がタイトルマッチで実現  (C)K-1

シナ・カリミアンと愛鷹亮の再戦がタイトルマッチで実現 (C)K-1

『K-1 WORLD GP 2020〜K'FESTA.3〜』の対戦カードは以下の通り。

▼プレリミナリーファイト/ K-1スーパー・バンタム級/3分3R
吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)

▼プレリミナリーファイト/K-1ライト級/3分3R
東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
蓮實光(パラエストラ栃木 )

▼プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)
vs
龍斗(K-1 GYM横浜infinity)

▼プレリミナリーファイト/K-1クルーザ級/3分3R
植村真弥(WSRフェアテックス幕張)
vs
谷川聖哉(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

▼スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)
vs
川原誠也(パンクラスイズム横浜 )

▼スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
寺島輝(TANG TANG FIGHT CLUB)

▼スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
武居由樹(POWER OF DREAM)
vs
デンサヤーム・アユタヤファイトジム(Ayothaya Fight Gym)

▼スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
江川優生(POWER OF DREAM )
vs
ファク・スアレス(Picante Fight Club)

▼スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
林健太(FLYSKY GYM)
vs
ジュー・シュアイ(遼寧創新ジム/CFP)

▼スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)
vs
金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

▼スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
村越優汰(湘南格闘クラブ)
vs
レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)

▼スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R+延長1R
小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
vs
ジャオスアヤイ・ソー.デッチャパン(Ayothaya Fight Gym)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R+延長1R
藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント1回戦(1) 3分3R+延長1R
海斗(ポゴナ・クラブジム)
vs
木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス/Krushウェルター級王者)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント1回戦(2) 3分3R+延長1R
神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)
vs
エダー・ロープス(Jazzy Fight Club K.O Team/ISKA欧州スーパー・ウェルター級王者、WKA世界-72kg王者)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント1回戦(3) 3分3R+延長1R
城戸康裕(谷山ジム)
vs
ミラン・ペイルス(FKR-PROウェルター級王者)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント1回戦(4) 3分3R+延長1R
和島大海(月心会チーム侍)
vs
ニコラス・ラーセン(WKU世界スーパー・ウェルター級王者)

▼スーパーファイト K-1女子フライ級 3分3R+延長1R
KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP初代女子フライ級王者)
vs
グロリア・ペリトーレ(ISKA女子世界-53.5kg級王者)

▼K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
安保瑠輝也(team ALL-WIN/王者)
vs
不可思(クロスポイント吉祥寺/挑戦者)

▼K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ 3分3R+延長1R
久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/王者)
vs
ジョーダン・ピケオー(Mike's Gym/Krushスーパー・ウェルター級王者/挑戦者)

▼K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ 3分3R+延長1R
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
vs
アダム・ブアフフ(Multi Fight Boxing Academy/TEAM Samchaoui/ISKAオリエンタルルール世界ライト級王者)