2017年夏に東京&大阪で17万人を動員した大ヒットミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』日本人キャスト版が、2020年7月から再び東京・大阪で上演される。このほど同公演で主人公ビリー・エリオットの親友マイケル役(クアトロキャスト)を務める河井慈杏、菊田歩夢、佐野航太郎、日暮誠志朗の4人から最新コメントが届いたので、紹介する。

■河井慈杏(かわい・じあん)

初演でビリーを演じた山城 力くんと学校が同じで、力くんが出ていた『ビリー・エリオット』を観て圧倒されて以来、僕もあの舞台に出たいとずっと思っていました。その時のマイケルがすごく面白かったので(笑)、僕もみんなに笑いが伝染するようなマイケルになりたいです。そして笑いとともに、ありのままでいることが大事なんだという、マイケルの持つメッセージもしっかり届けたいと思っています。

■菊田歩夢(きくた・あゆむ)

お母さんにすすめられてミュージカルライブ版のDVDを観た時、自分はマイケルに似ていると思いました。僕は大阪出身なので、面白さにはちょっとだけ自信があります(笑)。オーディションはめっちゃ楽しくて、絶対に受かってやる!という気持ちで受けていたけど、落ちても悔いはないと思えるくらいがんばることができました。本番までには楽しくて面白いマイケルになるので楽しみにしててください!

■佐野航太郎(さの・こうたろう)

ミュージカルライブ版のDVDを観て、とにかくこの舞台に出たい!と思って応募しました。オーディションでは、マイケルの歌を歌っているといつもの自分より面白くなるのが分かって、海外のスタッフさんも笑ってくれたので嬉しかったです。オーディションに受かったと言われた時は夢じゃないかな?と思いました。でも、ほっぺをつねったら痛かったので、そこでやっと現実だと分かりました(笑)。

■日暮誠志朗(ひぐらし・せいしろう)

お母さんに連れて行ってもらって日本初演を観た時から、マイケルがすごく気になっていました。好きなことが好きと心に決めていることや、人を喜ばせたいというところが自分に似ていると思いました。オーディションは緊張しましたが、緊張すると面白い顔になるので、それもマイケルみたいだったのかも(笑)。でもマイケルは、面白いだけじゃなく優しい子だと思うので、その部分もちゃんと表現したいです!

ミュージカル『ビリー・エリオット 〜リトル・ダンサー〜』(原題:Billy Elliot the Musical)は、2000年に公開された映画「リトル・ダンサー」をエルトン・ジョンの音楽でミュージカル化した作品だ。映画版の監督スティーヴン・ダルドリーが舞台版でも演出を手掛け、脚本は「ロケットマン」や「キャッツ」(映画版)などに携わったリー・ホールが担当。2005年にロンドンで開幕すると空前の大ヒットを記録し、イギリスで最も権威ある演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞で最優秀新作ミュージカル賞を含む4部門を受賞。2008年にはブロードウェイ進出を果たし、トニー賞10冠という快挙を成し遂げた。2017年日本初演では、東京と大阪で約4か月に渡る異例のロングラン公演をおこない、17万人を動員、数多くの演劇賞を受賞するなど大成功を収めた。

主人公ビリー役を、川口 調  利田太一 中村海琉 渡部出日寿がクアトロキャストで演じる。また、ビリーのお父さん役は益岡 徹と橋本さとしが、ウィルキンソン先生役は柚希礼音と安蘭けいが、そしてビリーのおばあちゃん役を根岸季衣と阿知波悟美が、ビリーの兄・トニー役を中河内雅貴と中井智彦が、それぞれダブルキャストで演じる。ボクシング教室のコーチ・ジョージ役は星 智也(シングルキャスト)。さらに、ビリーの未来像であるオールダー・ビリー役は大貫勇輔と永野亮比己がダブルキャストで演じる。

オープニング公演および東京公演前期(7月/8月)分の一般発売日は2020年3月14日(土)。また、イープラスの貸切公演が、7月25日(土)17:00と8月19日(水)12:30の回におこなわれる。なお、先行受付については公演情報欄を参照のこと。