でんぱ組.incが4月15日にリリースするニューアルバム『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』初回限定盤Bに収録されるソロ曲の詳細が明らかになった。

古川未鈴の「Me Me Me」は、古川がかねてから憧れの存在であった、つんく♂がサウンドプロデュース。レコーディング作業も全てつんく♂プロデュース作品を手掛けるチームが手がけている。楽曲は4年前に制作され、今まで生誕イベントではすでに披露されていたものの、ついにCDリリースとなった。

相沢梨紗「アブノーマルQ」は、相沢がwowaka楽曲のファンであることがきっかけで、作詞、作曲、編曲をwowakaにオファーした。そして演奏も ヒトリエのメンバーが手がけ、3年前に行われたレコーディング音源が、他のメンバーソロ曲タイミングに合わせて発表されることとなった。

成瀬瑛美「レジェンド・オブ・エイ」は、成瀬がかねてからファンを公言していたふなっしーが作詞を担当、NARASAKIが作曲、編曲を手がけたメタルナンバー。そしてスペシャルギタリストとして成瀬が学生時代から憧れであったバンド・DIR EN GREYの薫が参加している。

鹿目凛「キミのハートは私のもの▽」は、初めて鹿目がぺろりん先生名義で作詞に初チャレンジ。作曲はでんでんバンドのバンマスでもある板垣祐介が担当し、POPでアイドルらしい楽曲となっている。

藤咲彩音「群青エキスパンダ」は、今まで藤咲のソロ曲やスピンオフユニット「ニァピン」などの楽曲を手がけてきたPandaBoYが制作。この楽曲は、藤咲の誕生日である2019年12月7日に幕張メッセで行われた『幕張ジャンボリーコンサート』でダンサーとDJを率いて初披露された。

根本凪「ゆめをみる」は、16才の音楽家・諭吉佳作/menによる提供曲。2019年にでんぱ組.incへ「形而上学的、魔法」を楽曲提供したことをきっかけに根本とお互いにリスペクトし合う関係性となり意気投合し、今回の楽曲依頼となったという。

また5月2日からは、アルバムを引っさげ、新潟、名古屋、大阪、広島、岡山、東京の6か所をまわる『THE FAMILY TOUR 2020』がスタートする。

※文中「▽」は白抜きハートマーク正式表記