劇団アレン座を主宰する來河侑希が、現在新型コロナウイルスの影響で多くの公演が自粛となり経営困難となっている小劇場への支援を目的とした、「Save The Stage」プロジェクトを始動させた。

本プロジェクトでは、ペイントアーティストYoshimiSaitとコラボレーションした、劇団アレン座オリジナルのデザインマスク、デザインマスクカバーを発売し、売上金の一部を小劇場に寄付をしてゆく。先日候補として発表していた、デザイン5種から正式に商品化するデザインイメージ3種類が決定した。

マスクデザイン1

マスクデザイン1

マスクデザイン2

マスクデザイン2

マスクカバーデザイン

マスクカバーデザイン

デザインマスクは2種類のデザインとなっており、2枚1セットで販売、デザインマスクカバーは1種類のデザインとなっている。

來河侑希(劇団アレン座主宰)

來河侑希

來河侑希

こんにちわ、劇団アレン座主宰の來河侑希と申します。
この度。劇団アレン座ではデザインマスク&デザインマスクカバーを発売し、存続が危ぶまれる小劇場(主は小劇場への寄付を考えています)等を対象に寄付をさせて頂くプロジェクトを始動します。劇団アレン座を応援して下さる方々、この企画に賛同して頂ける方々、マスクをちょっとお洒落にしながら、舞台で働く人々を応援しましょう。シェア、リツイート等して頂けるとありがたいです。
寄付させて頂く劇場は、広くヒアリングしながら決めていきますが、僕一人の力だと全劇場は無理だと思います。お世話になった所からだと思います。しかしこういう活動が色々な所で独自に始まっていけば、まんべんなく広がっていく可能性はあると信じています。