俳優の志賀廣太郎さんが、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため死去した。所属事務所のレトルが4月30日に発表した。享年71。葬儀は遺族の意向により4月29日に近親者のみにて執り行われた。「お別れの会」等は、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、レトルが遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催を検討・調整するという。

志賀さんは、1948年8月31日兵庫県生まれ。桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了。1990年、平田オリザの主宰する劇団青年団の『光の都』に出演、1993年より劇団員となる。以降、舞台のみならず、映画、ドラマ、CMなど幅広い領域で活躍、名脇役として人気を博した。2019年4月、脳梗塞で倒れ、復帰に向けてリハビリを続けていた。

謹んでお悔やみ申し上げます。