読売ジャイアンツは菅野智之の発案による「#ものまねコンテスト」を、球団公式Twitterで開催する。

このコンテストはジャイアンツ選手(OBを含む)のものまね動画を、Twitterで募集するというもの。参加できるのは中学生以下で、菅野が選んだ100人に選手の直筆サイン入りグッズをプレゼントする。

募集期間は5月7日(木)まで。球団公式Twitterでは、菅野からのメッセージ、田口麗斗投手のお手本動画が投稿されているので、こちらもチェックしてほしい。

球団公式Twitterでは田口麗斗投手のお手本動画が公開されている

球団公式Twitterでは田口麗斗投手のお手本動画が公開されている

今回の企画は新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、部活動の自粛や大会中止でつらい思いをしている子どもたちを「何とか元気づけたい」という菅野の思いに、野球を通じてファンに寄り添う「WITH FANS」プロジェクトを展開する球団がこたえる形で実現した。

「新型コロナウィルス感染症の影響で、小・中学生の皆さんが練習自粛や大会中止など、つらい思いをしていると聞きました。何か少しでも力になりたいと思い、今回の『ものまねコンテスト』を企画しました。ただ単純に似ているものでも良いですし、面白いものやマニアックなものなど、アイデアを練って、自信のある作品をぜひ投稿してみてください。お手本は“ものまねキング”こと、田口麗斗投手の動画をご覧ください!」(菅野)