ボブ・マーリーの生誕75周年を記念したドキュメンタリー・シリーズ『レガシー』の第3弾「ライチャスネス」が公開された。

ジャマイカ文化を独特な角度から採り上げたこのドキュメンタリーは、ボブ・マーリーがジャマイカ文化に影響を与える一方で、彼のメッセージや音楽がさまざまな要素からインスピレーションを受けていたことが浮き彫りとなった作品。精神性、宗教、自然、ラスタファリアニズムなどの結びつきやルーツを深く掘り下げたものとなっている。

4月17日にはボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「3羽の小鳥」の公式アニメーション・ミュージック・ビデオが公開されたほか、 #STAYHOME を呼びかける特別企画・KAYA Radioや、グレタ・トゥーンベリの気候変動の危機を訴える世界同時アクション #FridaysForFuture など、ボブ・マーリーの音楽とメッセージは今なお注目を集めている。