俳優の山岸門人が2019年に出演した朗読劇『アンナプルナの恋』の公演映像がYouTubeを通じて、2020年5月1日(金)から5月31日(日)まで期間限定で無料公開となった(URLは下記「配信情報」欄を参照のこと)。ネパールから日本にやってきた、とある青年のあわい恋を描いた作品だ。

上演時は横浜・黄金町にある劇場、若葉町ウォーフにて2ステージのみの限定公演が満席。当時の公演が見られなかった人のために、「家の中で楽しむ一助に」と動画の公開に至った。

朗読劇『アンナプルナの恋』

朗読劇『アンナプルナの恋』

山岸門人は2019年ミュージカル『怪人と探偵』『R&J』『hymns(ヒムス)』と多数の舞台に出演。2020年には野口かおるとの二人芝居『セイムタイム・ネクストイヤー』が話題になった。『アンナプルナの恋』では、黄金町で見知らぬ女性「あさこさん」に一目惚れした青年ナラヤンの繊細な心の揺れを声で表現する。

5弦チェロの生演奏で参加したのは、ブエノスアイレスでの活動を経て、現在は自作自演定期公演、声とチェロによる「音みる夜」を定期開催している五十嵐あさか。物語を音楽の面から支える。

朗読劇『アンナプルナの恋』

朗読劇『アンナプルナの恋』

脚色は脚本家・MV ディレクターでありヨーロッパ企画第10回ショートショートムービーフェスティバルで「HAM」を発表した中村未季が担当。演出は舞台初演出の北川雅一。上演時間は約53分。
演出・プロデュース:北川雅一 コメント

この朗読劇は、2019年2月22日、23日に、横浜・黄金町近くの劇場で2回だけ上演しました。
当日都合がつかなくて、見られなかった人もいらっしゃったと聞きます。
そのような方や、たまたまこの動画を見つけられた方にも家の中で楽しむ一助になれば嬉しいです。

<ストーリー>
私はある日、
見知らぬネパール人青年に「シナリオ」を渡された。
それは、彼が一目惚れした
「あさこさん」という女性へのラブレターだった…。
横浜・黄金町を舞台に綴られる、
とある恋の瞬き。