新国立劇場(東京・初台)は、新たに2020年6月中の主催公演を中止することを発表した。

今回中止が決定した主催公演は次の5公演。

 
●バレエ『不思議の国のアリス』・6月5日〜14日
●ダンス 小野寺修二 カンパニーデラシネラ『ふしぎの国のアリス』・6月20日〜28日 
●オペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』・6月21日〜30日 
●高校生のためのオペラ鑑賞教室2020『夕鶴』・7月9日〜15日 
●地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール『竹取物語』・7月11日〜12日
 

中止の理由は、政府の緊急事態宣言延長により公演準備を進めることが困難となったため。また、高校生のためのオペラ鑑賞教室2020『夕鶴』は学校単位の観劇が多いこと等も踏まえての中止判断。地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール『竹取物語』は、共催者で企画・制作を担当しているびわ湖ホールの決定に従っての中止となる。

なお、上記主催公演の中止に伴い、次の全国公演、関連イベントも中止となる。

 
●バレエ『不思議の国のアリス』
6月20日、21日  愛知県芸術劇場公演
6月27日、28日  高崎芸術劇場公演
 
●ダンス 小野寺修二 カンパニーデラシネラ『ふしぎの国のアリス』
7月4日 いわき芸術文化交流館アリオス公演
7月11日、12日  水戸芸術館公演
 
●オペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
6月4日 大野和士のオペラ玉手箱 with Singers(東京文化会館)
6月14日、17日  東京文化会館公演
7月5日 兵庫県立芸術文化センター公演
 
●地域招聘オペラ公演 びわ湖ホール『竹取物語』
5月24日 プレトーク・マチネ(新国立劇場オペラパレス ホワイエ)
7月23日〜26日  滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール公演
 

主催公演のチケットの払い戻し手続き等については、同劇場公式ウェブサイトで告知される。なお、オペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』新国立劇場公演については、2021年度の開催を検討中だが(詳細決定次第、告知)、チケットの振替対応はせず、一旦全額払い戻し対応をおこなう。

また同劇場は、劇場における公演再開のための要件が明確でない現状を踏まえ、当面、全主催公演のチケット発売(シーズンセット券含む)を一時停止する。今後のチケット発売日につきましてもすべて見直すこととし、販売再開後のスケジュール及び方法につきましては、決定次第、同劇場の公式ウェブサイトで告知する。