新型コロナウィルスの影響で開催を延期していたLACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2020 stand by LACCO TOWER』が、2021年4月9日(金)・10日(土)・11日(日)の3日間に渡り『I ROCKS 20&21 stand by LACCO TOWER』と釘打ち開催することが決定した。本公演より会場を群馬県伊勢崎市・伊勢崎市文化会館に移し、規模を拡大して行う。

初日となる4月9日(金)は、『I ROCKS 2020』で予定していた通り主催者LACCO TOWERのワンマンライブ。そして、4月10日(土)・11日(日)は『I ROCKS 2020』で出演を予定していたアーティストを中心に出演者を調整しているほか、新たなアーティストの出演も予定とのこと。

なお、開催形態の変更に伴うチケットの払い戻しについては、緊急事態宣言の期間が延長されたことを受け、6月1日(月)からを予定している。

株式会社アイロックス代表取締役社長/LACCO TOWER Ba.塩﨑啓示コメント

開催見合わせを決断したあの日から、I ROCKS 2020へのリベンジが始まりました。
まず、立ちはだかったのは会場。
群馬音楽センターでの年内振替は絶望的で、その際に相談に乗ってくれたのが地元の伊勢崎市でした。
そして、強い支えとなってくれたのは同じようにI ROCKSへのリベンジを誓ってくれた出演者。
遂に形が見えてきた振替日程に対し、スケジュールをどうにか調整していただき、いわゆるフェスではありえない、全出演者がそのままスライドしていただけるという奇跡が起こりました。
「未来への希望が途絶えた時、救ってくれたのは故郷と仲間でした」
というウソみたいなホントの話が目の前で起きたのです。

全ての準備が整い、「あとは発表するだけ」という所までたどり着きましたが、無情にも世の中は好転の兆しが見えない状況。
再度日程を組み直し、どうにか年内での振替公演を実施するべく、メンバー・スタッフ一同、日々協議を重ねてきましたが、
さまざまな角度から検討をした上で、年内の開催を見送ることがI ROCKSに関わるすべての方々にとって最善であると判断いたしました。

この数ヶ月、I ROCKS 2020を楽しみにお待ちいただいた皆様にこのような報告をしなければならないことが本当に申し訳なく、心底辛いです。

そして今日、皆様に新たなご報告があります。

年内開催見送りを決定したのと同時に、
僕たちはリベンジを諦めることなく、さらに進化したものをお届けすることを決意しました。

2021年4月9日(金)・10日(土)・11日(日)
「I ROCKS 20&21 stand by LACCO TOWER」と題し、
2020年の振替と2021年の開催を共に実施することを、ここに宣言します。

今年のリベンジも兼ねた二年分を集約し、期待や希望も上乗せした特別な開催になります。

さらに、会場を初となる地元「伊勢崎市文化会館」に引っ越し、
出演者に関しても、I ROCKS 2020のラインナップを中心に可能な限り調整しています。
また、規模拡大に伴って新たな出演者も追加する予定です。

見透しの悪い中で少しでも楽しみが増えるように、
少しでも希望のある未来になるように、
必死に考え抜いて出した答えです。
大切な居場所を守るため、そこに集まる家族や仲間を守るためにも、
新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を徹底し、万全な態勢で開催すること、
そして、規模、内容、全てにおいて間違いなく過去最大級のI ROCKSになることをお約束します。

何度言葉にしても伝えきれないですが、
絶望のどん底の状態からここまで来られたのは、待っていてくれるみんなの想いと声のおかげです。
今回でより感じることが出来た絆を胸に、
心機一転、みんなが安心して帰ってこられる「I ROCKS 20&21」という新しい家で、
変わらず愛を持ってロックをお届けすることを誓います。

二年分のおかえりなさいを込めて、I ROCKS 20&21、始めます◎

塩﨑 啓示 (株式会社アイロックス 代表取締役 / LACCO TOWER Ba.)